自分らしいサウンドを作り続けるための考え方

自分が「カッコいい」と思うビートを作る

ビートメイキングでは自分が「カッコいい」と感じるサウンドを追求することが重要です。流行りの音楽スタイルに囚われ過ぎず、自分の音楽的直感を信じてビートを作ることが、オリジナルで魅力的な作品を生み出す鍵です。

時には敢えてリスクを取る

ヒット作品を繰り返すのも良いですが、時には新しいスタイルや実験的なビートを作ることで、クリエイティビティを刺激し、長期的な成長を促すことができます。予測不可能な要素が新たなファンを引き付けることもあります。

ペースを守る

毎日一定のペースでビートを作ることは、スキルを維持し向上させる上で重要です。時には一日一つのビートを作るなど、リズムを作り、一貫性を保つことで、創造性を持続させることができます。

コミュニケーションに注意する

他のミュージシャンやリスナーとのコミュニケーションでは、言葉遣いや態度が重要です。建設的な批判や改善案を提供し、協力的な関係を築くことが、自分の作品が広く受け入れられるために不可欠です。

自分自身がカッコいい必要はない

ビートメイキングでは、自分が音楽的にカッコいいと思うことを重視するべきです。作る音楽の質が重要です。日常生活からインスピレーションを得て、オリジナルのビートを作り出しましょう。

これらのポイントをビートメイキングに適用することで、自分のスタイルを確立し、持続可能な創造的活動を行うことができます。