ビートメイキングにおいてBPMの決め方は?

ビートメイキングにおけるBPM(1分間の拍数)の決め方にはいくつかの方法があります。

・自然なテンポ感でイメージする – 頭の中で曲のイメージを思い浮かべ、そのテンポ感からBPMを設定するのが一般的な方法です。普段聴いている音楽のテンポ感を参考にするとよいでしょう。

・体の動きで決める – 手拍子やフットタッピングなど、体のリズム感でBPMを決定する方法もあります。自然な動きからテンポが掴みやすくなります。

・計測機で測定する – 専用のBPM計測機やスマホアプリを使って、実際のテンポを計測しBPMを設定することもできます。

・既存の曲を参考にする – 作りたいジャンルの代表的な曲を聴き、そのBPMを参考にするのも一つの方法です。似た雰囲気のBPMから始めるとスムーズです。

・試行錯誤で調整する – 仮のBPMで作業を進め、実際に音を鳴らしながら調整していくことも大切です。様々なテンポを試す中で最適なBPMを見つけることができます。

いずれにしろ、自分の中のテンポ感覚を大事にしつつ、実際の音を確認しながらBPMを複数試し調整していくのがコツです。