AIを活用して音楽制作をすると「自分でやった感」がない。

AIを活用して音楽制作をすることで、音楽制作をものすごく効率化できるのは分かりましたが、「自分でやった感」や「満足感」や「役に立ってる感」がなくて困っています。

音楽制作にAIを活用する際の「自分でやった感」や「満足感」の低下は確かに課題ですね。いくつかの対策が考えられます。

まず、AIに完全に任せるのではなく、アイデア出しやドラフト制作などの段階で活用し、後は自分で仕上げていくというやり方です。この場合、制作のかなりの部分を自分で行うので満足感も得られるでしょう。

また、AIに依存しすぎないことも大切です。基本的な技術は自分で身につけ、AIはアシストとして活用していきましょう。独自の個性も失わずに済みます。

さらに、AI生成の音楽をベースにして、歌詞を自分で付けたり、アレンジを加えたりすることで、オリジナリティを出しつつAIの利点も生かせるでしょう。

制作過程を楽しむことも大切です。AIに任せきりではなく、試行錯誤しながら自分で音を作りこんでいく過程自体が満足感につながります。

以上のように、AIを上手に活用しつつ、自分の個性と技能を発揮することが「自分でやった感」を保つコツだと思います。ぜひ参考にしてみてください。