AIを使って音楽制作をすることについて

AIを使って音楽制作をすると作品が同質化し、個性が失われる?それとも、AIを活用することで、量産が可能になり、アイデアを迅速に形にすることができる?

音楽制作にAIを活用することには、メリットとデメリットの両面があると思います。

メリットとしては、言及いただいたように、アイデアを高速で形にすることができ、量産がしやすくなることです。また、ヒット曲の構成やコード進行を分析することで、曲調設計の参考にできたりするなど、制作の効率化に役立つ面もあるでしょう。

一方でデメリットとして、作品が画一化し個性が失われる可能性があることは否めません。AIによって生成された音楽は、学習データの傾向を強く反映するため、新しい発想や斬新な表現が生まれにくい側面があります。

個人的には、AIを単なる代替や完全な自動化のためだけでなく、人間の制作を支援するツールとして活用していくことが望ましいと考えています。つまり、アイデア出しや試行錯誤の効率化にAIを使い、最終的なブラッシュアップや表現の吟味は人間が行う、という使い分けが重要だと思います。そうすることで、生産性の向上と個性の両立が可能になるのではないでしょうか。

はたしてAI活用の是非については、議論が分かれるところでしょう。しかしツールを上手く使いこなすことで、十分に人間らしい魅力ある音楽を生み出すことは可能だと考えます。