ビートメイカーです。鼻歌からMIDIを打ち込む方法を教えて。

鼻歌からMIDIデータを生成する作業は、一般的に以下のステップに分けられます:

  1. 録音: 鼻歌やメロディを高品質で録音します。スマートフォンの録音アプリやコンピュータ上のDAW(Digital Audio Workstation)を使用できます。
  2. オーディオのインポート: 録音したオーディオファイルをDAWにインポートします。
  3. ピッチ分析: 一部のDAWはオーディオトラックからピッチ(音高)を分析できる機能を持っています。この機能を使用して、各音符の基本的な音高とリズムを確認します。
  4. MIDIトラック作成: 新しいMIDIトラックをDAW内に作成し、ピッチ分析を基にMIDIノートを配置します。
  5. タイミング調整: MIDIノートの位置と長さを調整して、録音された鼻歌と一致するようにします。
  6. 音色選択: MIDIトラックのインストゥルメント(音源)を選び、鼻歌のメロディに最も合った音色を選びます。
  7. 微調整: ベロシティ、エクスプレッション、ダイナミクスなどのMIDIパラメータを調整することで、よりリアルな表現を目指します。
  8. 保存とエクスポート: すべての調整が終わったら、プロジェクトを保存し、必要な場合はMIDIデータとしてエクスポートします。

なお、いくつかのソフトウェアでは、オーディオを自動的にMIDIに変換する機能もありますが、その精度は完璧ではないため、手動で調整が必要な場合が多いです。

これらのステップは基本的なガイドラインであり、具体的な操作は使用するDAWやソフトウェアによって異なる場合があります。それでも、一般的な流れとしては上記のようになります。