BeatStarsの12%サービス手数料が問題ではないと思う理由

近頃、BeatStarsの12%のサービス手数料に対する批判が一部で見られます。一部のプロデューサーやアーティストは、「12%の手数料を取られるなら、BeatStarsでビートを販売するメリットがない」と主張しています。しかし、私の見解では、この手数料が取られることはそこまで問題ではないと思います。以下、その理由について詳しく解説します。

購入者の選択肢

BeatStarsは非常に大きなプラットフォームであり、多くの購入者がビートや音楽を探しています。もしあなたがProページや独自のウェブサイトでしかビートを販売していない場合、多くの潜在的な顧客が見逃される可能性があります。購入者はBeatStarsを通じて多くのプロデューサーと比較して購入を決めることができますから、このマーケットプレイスに参加することで新たな顧客層にアクセスできます。

クーポンでの調整

もし12%の手数料が「高い」と感じる場合、プロデューサーは自らクーポンを発行することができます。例えば、12%オフのクーポンを提供することで、この手数料が問題でなくなる可能性が高いです。この方法で、手数料の負担を実質的に自分でカバーすることができ、購入者にとっても負担が軽減されます。

プラットフォームの価値

手数料が取られることで、BeatStarsはプラットフォームを維持し、改善する資金を得ることができます。この資金によって、更に多くの購入者を引き付け、プロデューサーにとっても商売がしやすい環境が提供されています。

まとめ

BeatStarsの12%のサービス手数料は、一見高く感じるかもしれませんが、それがもたらす便益を考慮すると、非常に合理的なものと言えます。購入者との接点を増やし、またプロデューサー自身が価格調整をする余地もあります。したがって、この手数料が高いと感じるかもしれませんが、長い目で見れば、それほど問題ではないと私は考えます。