ミュージックディストリビューションプラットフォームの変更:BeatStars DistributionからSoundropへのマイグレーションについて

こんにちは、皆さん。今日はちょっとしたアップデートと共に、音楽のディストリビューションについてお話しようと思います。先日、私はBeatStars DistributionからSoundropへとプラットフォームを移行しました。新しい作品もSoundropを経由してリリースしています。

Migration In Progress:移行はまだ進行中

とは言っても、BeatStars Distributionで以前にリリースした作品には現在も「Migration In Progress(移行進行中)」というステータスが表示されています。移行がスムーズにいくことを願っていますが、一定の期間はこのような状態が続く可能性があると思われます。

収益についての一時的な違い

さて、気になる収益面についてですが、今のところBeatStars Distributionからはまだお金が入ってきている一方で、Soundropからはまだ何も入っていないようです。このようなケースはマイグレーション初期によくあることで、特に心配する必要はないかと思います。

なぜこんなことが起きるのか?

  1. 遅延の要因: プラットフォーム間でデータを同期させるには時間がかかる場合があります。
  2. 財務サイクル: BeatStarsとSoundropが異なる財務サイクルを持っている可能性もあります。
  3. ストリーミングプラットフォーム: SpotifyやApple Musicなど、各ストリーミングサービスによっても支払いスケジュールが異なる場合があります。

今後は?

マイグレーションが完了したとしても、最初のうちはこのような状況が続くかもしれません。しかし、数週間〜数ヶ月後には、収益や配信状況が安定すると期待されます。

まとめ

移行は煩わしい作業ですが、長期的に見ればより効率的な運用や新しいチャンスが広がる可能性もあります。皆さんも何か変更を考えている場合、一度しっかりとリサーチして、自分にとって最良の選択をしてください。

それでは、次回のブログでお会いしましょう。お読みいただきありがとうございました。