BeatStarsのStatsを解析:ビートメイカー向けかアーティスト向けか?

最近、BeatStarsの統計データ(Stats)に目を通して、ちょっと考えさせられることがありました。ビートメイカーとしては、このプラットフォームがどれだけ効果的なのか、どのような人たちが自分のビートを視聴しているのかを知ることは非常に重要です。しかし、その統計によると、視聴者の多くがビートメイカー自体であるようです。

ビートメイカー同士の視聴は問題なのか?

BeatStarsは元々、アーティストがビートを探しやすくするために設計されているはずです。しかし、実際にはビートメイカーが主な視聴者という状況は、少し問題があるのかもしれません。何もかもが「Yo, let’s collab」と言うビートメイカー同士のコラボに進むだけなら、このプラットフォームが果たすべき役割は十分に果たされていない可能性があります。

スパムメールの問題

さらに深刻なのは、一部のビートメイカーがこのプラットフォームをスパムメールを送るための手段として利用している可能性があることです。このようなケースでは、本来の目的であるアーティストとビートメイカーをつなげるという役割が十分に果たされていないと言えるでしょう。

末期症状なのか?

これは、BeatStars自体が直面している重大な問題、あるいは「末期症状」なのでしょうか? それとも単に、マーケットの変化やユーザー行動の多様性を反映しているだけなのでしょうか。どちらにせよ、これはビートメイカーにとって考えるべき課題です。

他のマーケティング手段を考慮する

この状況を踏まえて、BeatStarsに頼るのではなく、他のプラットフォームでのマーケティングやネットワーキングがより有効な手段となる可能性があります。YouTubeでの集客や、RapChat、Volocoなどのアプリでのネットワーキングを活用することで、ビートメイカーは更に広い範囲のアーティストとつながることができるでしょう。

結論

BeatStarsは依然として有用なプラットフォームであり続けていますが、その統計データから見えてくる現実は、一度しっかりと考えるべき問題を投げかけています。最終的には、多角的なマーケティングとネットワーキングによって、ビートメイカーとアーティストが互いに有益な関係を築くことが重要です。