[悩み] アーティストではなく、ビートメイカーを引き寄せてしまう

ビートメイクや音楽制作に特化した内容は、確かにビートメイカーやプロデューサーを引きつける可能性が高いです。しかし、ビートを購入する可能性があるアーティストをターゲットにするためには、戦略を少し変える必要があります。

  1. アーティストにとっての価値を強調: ビートがアーティストにどのような価値を提供できるのか、その点を明確にすることが重要です。たとえば、特定のビートがどのような楽曲に適しているのか、どのように歌やラップを引き立てるのかなどの情報を共有できます。
  2. 業界情報の共有: ビートメイキングだけでなく、音楽産業全般に関する情報(レコード契約、マネージメント、プロモーションなど)も共有すると、アーティストにとっても価値があると感じられます。
  3. 成功事例の紹介: あなたのビートを使用して成功したアーティストの事例を共有することで、信頼性が増します。これにより、新たなアーティストもビートを購入する際のリスクが低減すると感じるでしょう。
  4. コラボレーション: 既存のアーティストとのコラボレーションを通じて、その結果をソーシャルメディアで共有すると、新たなアーティストに対する露出が増えます。
  5. 無料サンプル: 無料で提供するビートやサンプルを通じて、アーティストにあなたのスキルを実際に体験してもらい、購入を検討してもらえるきっかけを作ることができます。
  6. インフルエンサーとのパートナーシップ: 人気のあるアーティストや音楽関連のインフルエンサーと提携し、共同でプロモーションを行うことで、広範なオーディエンスにアピールできます。
  7. SEOとコンテンツマーケティング: アーティストがよく検索するであろうキーワードに対してコンテンツを作成し、SEO対策を施すことで、検索結果からもアーティストを引き寄せることができます。

これらの方法を試してみてはいかがでしょうか。それぞれの戦略がアーティストにどれほどの影響を与えるかは分からないため、いくつか試して効果を見ていくと良いでしょう。