ビートメイキングでの成長:「上には上がいる」ではなく、「昨日の自分を超える」

ビートメイキングは音楽の心とも言える芸術です。しかし、このクリエイティブなプロセスにおいて、しばしば私たちは誤った思考パターンに陥りがちです。特に、常に「上には上がいる」という考え方は、創造性と成長に悪影響を及ぼします。

1. 自己満足の欠如

「上には上がいる」と考えると、たとえ素晴らしいビートを作り出していても、自分の作品に満足することが難しくなります。初めは謙虚さの表れのように思えるかもしれませんが、徐々にこの思考は無意識に刻まれ、「自分はまだまだ」という感覚が強くなります。すると、ビートメイキングの楽しさを感じにくくなり、創造性にブレーキがかかる可能性があります。

2. 他者との不健全な比較

「上には上がいる」という発言は、他人と自分を比較することを暗示しています。しかし、ビートメイキングは非常に個人的なもので、各人のバックグラウンド、経験、感性が異なります。他人と自分を比較することは、個人のユニークな創造性を無視することにつながり、創作活動における自己表現を妨げることになります。

ライバルは昨日の自分

ビートメイキングにおいて、本当のライバルは他ならぬ「昨日の自分」です。自分自身のスキルを日々向上させることに集中することが、最終的にはより高い創造性と満足感をもたらします。自己との競争は、自己成長の最大の動力となり、新たな音楽的アイデアの探求に繋がります。

結論

ビートメイキングにおける成長と創造性を高めるためには、「上には上がいる」という考え方を捨て、「昨日の自分に勝つ」ことに焦点を当てることが重要です。自分自身の進歩に目を向け、自己満足と創造的な表現を追求しましょう。