音楽プロデューサーはリミックスの為のアカペラはどうやって抜き出しているの?

アカペラ(ボーカルのみのトラック)を抜き出す方法はいくつかあります。一般的な手法は以下の通りです:

  1. ステムファイル: 音楽プロデューサーが元々の曲のステムファイル(各楽器やボーカルが分離されたオーディオファイル)にアクセスできる場合、アカペラの抜き出しは非常に簡単です。
  2. オリジナルプロデューサーからの提供: 元々のプロデューサーまたはアーティストがリミックスを許可し、アカペラトラックを提供してくれる場合もあります。
  3. フェーズキャンセル: インストゥルメンタルバージョンとオリジナルバージョンがある場合、両者を同期させてフェーズを反転させることで、他の楽器をキャンセルしてボーカルのみを残すことができます。ただし、この方法は完璧ではありません。
  4. オーディオソフトウェアの使用: 一部の高度なオーディオ編集ソフトウェア(例:iZotope RX, Audacity, Adobe Audition など)では、楽器とボーカルを分離する機能があります。
  5. AI技術: Spleeter、PhonicMind、Moises等、機械学習を用いてボーカルと楽器を分離するソフトウェアも存在します。
  6. プロのサービス: 専門のスタジオやエンジニアが高度なテクニックと専用のソフトウェアを用いて、非常に高品質なアカペラトラックを生成するサービスもあります。
  7. MIDIとボーカルシンセサイザー: これはアカペラを「抜き出す」方法ではありませんが、ボーカルパートをMIDIデータとして再現し、ボーカルシンセサイザー(Vocaloidなど)で模倣するという方法もあります。
  8. マニュアル分離: EQやその他のフィルタリングテクニックを使い、手動で楽器を「カット」する方法もありますが、これは非常に手間がかかる上に、完璧な結果を得られるわけではありません。

いずれの方法も一長一短があり、最終的な品質は使用するツールやスキル、元となるオーディオの品質に依存します。