ラップ用のトラックを作る際の重要な考え方

ラップを入れるためのトラック制作には、特別な配慮が必要です。多くのビートメイカーが見落としがちなのが、ボーカルのためのスペースを予め考慮することです。この記事では、その重要性と具体的な方法について掘り下げていきます。

1. ボーカルのためのスペースを作る

ボーカルは通常、センターポジションに配置されます。したがって、トラック制作時にセンター部分を過度に楽器で埋め尽くすと、ボーカルと衝突してしまいます。実際に口ずさんでみて、ラップが入るスペースがあるかどうかを確認しましょう。ボーカルの邪魔にならないようなトラック構成を心がけることが重要です。

2. トラックの盛り上げ方を考える

トラックの盛り上がり度は、サビでも10のうち、最大でも8程度に抑えることが推奨されます。最大の10にしてしまうと、Instrumental Hip-Hopのようにアーティストの出番がなくなる恐れがあります。ボーカルを活かしてサビの盛り上がりを最大化することが目標です。

3. ボーカルを強調するための音の減らし方

ボーカルを際立たせるには、逆にトラックの音を減らすことが効果的です。例えば、ラップの強調したい部分に差し掛かるときにトラックをミュートすることで、聴き手の注意をボーカルに集中させることができます。

4. ヒップホップ感を出すためのローパスフィルターの使用

ラップのバース中にローパスフィルターを使用し、高音域をカットすることで、トラックのミュート効果を実現します。これにより、ボーカルが入りやすくなり、サビでローパスフィルターを解除することで、トラックに戻ります。

ラップのトラック制作においては、ボーカルを最大限に活かすためのスペース作りや、トラックの盛り上げ方、音の減らし方が重要です。これらのポイントを押さえ、ヒップホップ・ビートメイカーとしての技術を磨きましょう。