サンプリングと打ち込み:音楽制作のスタイルを解説

音楽制作のスタイルは大きく分けて、「サンプリング」と「打ち込み」の二つに分けることができます。この記事では、それぞれの特徴と使い方、そしてそれらをどのように組み合わせて使うことができるかを詳しく解説していきます。

サンプリングとは?

サンプリングとは、既存の曲から一部を引用し、それを再構築して新たな楽曲を制作するスタイルです。ここで重要なのは、「サンプラー」と呼ばれる機材で、外部から音源を取り込んで演奏するのが主な使い方となります。

ハードウェアサンプラーとソフトウェアサンプラーがあり、それぞれ設定でパッドに音を割り当てて音が鳴るようにします。このとき、任意のタイミングでフレーズをトリガー(発動)させるためにはMIDIを利用します。そのため、サンプリングを楽しむためには、オーディオとMIDIの両方を駆使することが求められます。

打ち込みとは?

一方で打ち込みは、MIDIで演奏情報を入力し、その演奏情報をソフトウェア音源に通すことで曲を演奏するスタイルです。打ち込みで使用するソフトウェア音源は、「ドレミファソラシド」などの音階を弾くことができ、MIDIの音階を入力すると、入力された音階に該当する波形が鳴ります。

また、ソフトウェア音源の種類は多岐に渡ります。例えば、本物のピアノをモデリングしたソフトウェア音源などは、その音質が非常にリアルなものとなります。

サンプリングと打ち込みの組み合わせ

音楽制作においては、サンプリングと打ち込みの二つのスタイルを組み合わせて使うことも可能です。例えば、レコードからドラムの音をサンプリングして、それにオリジナルなメロディを打ち込むことで、より高度な音楽を制作することが可能になります。

結論として、音楽制作には「サンプリング」と「打ち込み」という二つのスタイルが存在しますが、必ずしも一方だけを選択しなければならないというわけではありません。サンプリングで得られる独特な質感と、打ち込みで得られる自由なメロディー制作。それぞれの良さを活かし、自分だけの音楽を生み出してみてください。