エフェクト

スポンサーリンク
AI音楽

売れないビートメイカーが活躍する方法:生成AIを活用して音楽プロデューサーになる

音楽業界は日々進化し続けており、特にテクノロジーの進化がその変化を加速させています。ビートメイカーとしてのキャリアを築くことは容易ではありませんが、生成AIの登場により、新たな可能性が広がっています。この記事では、売れないビートメイカーが生...
AI音楽

ビートメイカーがAIシステムと効果的にコラボレーションしてユニークなサウンドを作り出す方法

ビートメイカーがAIシステムと効果的にコラボレーションしてユニークなサウンドを作り出すためには、以下の戦略を活用することが重要です。 AIシステムの能力と限界を理解する AIアルゴリズムの強みと弱みを理解し、それを創造的なプロセスの補完とし...
AI音楽

AIを使ってビートメイキングする際、個性を出すにはどうすれば良い?

AIを使ってビートメイキングする際に個性を出すには、以下のようなポイントを意識すると良いでしょう。 1. AIツールの設定をカスタマイズする 使用するAIツールのパラメータを細かく調整し、自分好みのサウンドを作り出しましょう。 プリセットを...
ビートメイカーのマインドセット

ビートメイキングで個性を出すにはどうすれば良いと思う?

ビートメイキングで個性を出すためのアドバイスをいくつかご紹介します。 サウンドの選択 一般的なドラムサンプルではなく、ユニークなサンプルを使用する 自分で録音したサンプルを取り入れる 音色を加工し、オリジナリティのあるサウンドを作る リズム...
ビート販売サイト

[ビートメイカー] ステムファイルをラッパーに送る際、各トラックやマスタートラックにかけたエフェクトは外すべきなのか、それともエフェクトはつけたままにするべきなのか。

ビートメイカーとしてステムファイルをラッパーに送る際のエフェクトの扱いについては、以下のようなアプローチが一般的です。 各トラックのエフェクト 基本的には、各トラックのエフェクトは残しておくことをおすすめします。 ビートのサウンドを構成する...
音楽日記

Ableton Live 12でスケールに属する音以外を鳴らさないようにするにはどうすれば良いの?

Ableton Live 12では、MIDIクリップ内のノートをスケールに合わせて制限する方法がいくつかあります。
ビートメイカーのマインドセット

サンクコスト効果に惑わされないビート販売のコツ

ビートメイカーとしてオリジナルビートの制作・販売を行う上で、サンクコスト効果に気をつける必要があります。サンクコスト効果とは、過去にかけたコストが無駄になるのを嫌がるあまり、非合理的な意思決定をしてしまう心理効果のことです。 ビート販売にお...
ビートメイキング

ヒップホップビートにおいて、ドラムの打ち込み方

本記事では、ヒップホップビートにおいてドラムを打ち込む方法について解説します。
ラップ・ボーカル

ラップ録音の極意:ミックス・マスタリングでスキルアップ!

ラップ録音は、自分の声を武器に表現力を発揮するクリエイティブな作業です。しかし、せっかく録った音声が埋もれてしまったり、音質が悪くて聞きづらかったりしては台無しです。そこで今回は、ラップ録音の応用として、ミックス・マスタリングの重要性と具体...
ラップ・ボーカル

ラップ録音においてリバーブの使い方を教えて。

リバーブは、ラップ録音に奥行きと空間を与える重要なエフェクトです。適切に使用することで、ボーカルをより豊かに響かせ、トラック全体の雰囲気を劇的に変化させることができます。
スポンサーリンク