トラック

スポンサーリンク
AI音楽

AIを使ったビートメイキング:DJのようにクールなサウンドを探し続ける旅

AIの発展により、音楽制作の世界にも大きな変革が起きています。特に、ビートメイキングの分野では、AIを活用することで、まるでDJがレコードを掘り起こすように、無限の可能性を秘めたサウンドを生み出すことができるようになりました。 AIビートメ...
ビートメイキング

ステムスプリッターとアーティファクトについて

ステムスプリッターは、楽曲のミックスからボーカル、ドラム、ベース、その他の楽器を分離するAIベースのツールです。これにより、リミックスやサンプリングに使用できる個別のステムトラックが得られます。しかし、分離プロセスは完璧ではなく、ステムにア...
AI音楽

AI音楽が音楽業界にどのような変革をもたらすのか教えてください。

AIミュージックは、音楽業界に大きな変革をもたらす可能性があります。以下は、AIミュージックが音楽業界に与える影響について考えられる点です。 新しい創造性の可能性: AIによる音楽生成は、アーティストに新しいサウンド、スタイル、コラボレーシ...
ビートメイキング

ローファイヒップホップのビートを作ったんですが、あまりにもクリーンすぎる感じがします。どうすればローファイヒップホップらしいサウンドにできるでしょうか?

もちろん!ローファイヒップホップは、温かみのある、ファジーで、ノスタルジックな雰囲気が特徴ですよね。ビートにローファイヒップホップらしさを出すために、以下のテクニックを試してみて、ビートに汚れや個性を加えてみましょう。 テープヒスを加える:...
AI音楽

AIが作った曲を編曲したい。どうすれば良い?

AIが作成した曲をアレンジしたい場合は、以下の手順が役立ちます。 AIが生成した曲を入手する:AIが生成した曲を、作業可能な形式で入手します。これはMIDIファイル、オーディオファイル(WAV、MP3など)、または譜面ファイル(MusicX...
ビート販売サイト

[ビートメイカー] ステムファイルをラッパーに送る際、各トラックやマスタートラックにかけたエフェクトは外すべきなのか、それともエフェクトはつけたままにするべきなのか。

ビートメイカーとしてステムファイルをラッパーに送る際のエフェクトの扱いについては、以下のようなアプローチが一般的です。 各トラックのエフェクト 基本的には、各トラックのエフェクトは残しておくことをおすすめします。 ビートのサウンドを構成する...
ビート販売サイト

BandCamp VS BeatStars

BandCampとBeatStarsは、どちらもアーティストが自分の音楽を販売・配信できるプラットフォームですが、いくつかの違いがあります。 BandCamp 様々なジャンルのアーティストが利用 アルバムやトラック単位での販売が主流 物理的...
音楽日記

Ableton Liveのチューニングシステムに関するFAQ

Ableton Liveのチューニングシステムを使用すると、12平均律以外の音律で作業できます。チューニングは、ほとんどのLiveデバイスとMPE対応のプラグインで機能します。 Liveでは、ヘルプ > 内蔵レッスン > Liveの新機能 ...
音楽日記

Ableton Live 12においてチューニングシステムの使用について

デフォルトでは、Liveは12TETチューニングを使用します。これは、音程が1オクターブあたり12等分に均等に分割されることを意味します。しかし、音程を1オクターブまたは疑似オクターブ(異なる間隔を使用)に分布させる方法は数多くあり、チュー...
音楽日記

Ableton Live 12でスケールに属する音以外を鳴らさないようにするにはどうすれば良いの?

Ableton Live 12では、MIDIクリップ内のノートをスケールに合わせて制限する方法がいくつかあります。
スポンサーリンク