プラットフォーム

スポンサーリンク
AI音楽

売れないビートメイカーが活躍する方法:生成AIを活用して音楽プロデューサーになる

音楽業界は日々進化し続けており、特にテクノロジーの進化がその変化を加速させています。ビートメイカーとしてのキャリアを築くことは容易ではありませんが、生成AIの登場により、新たな可能性が広がっています。この記事では、売れないビートメイカーが生...
ラップ・ボーカル

売れないラッパーが活躍する方法:生成AIを活用した独自の曲作り

音楽業界は常に進化し続けており、新しい技術が次々と登場しています。その中でも、生成AI(人工知能)は特に注目されています。生成AIを使えば、売れないラッパーでも独自の曲を作り、活躍の場を広げることが可能です。この記事では、SunoやUdio...
AI音楽

AIでビートを作りました。それをどうすればいいでしょうか?

AIを使ってビートを作ったこと、おめでとうございます!それは素晴らしいことです。では、AIで生成したビートで何ができるのか、いくつかのアイドアを探ってみましょう。 アーティストとコラボレーション:ラッパー、シンガー、ミュージシャンなど、あな...
AI音楽

AIが作った曲を編曲したい。どうすれば良い?

AIが作成した曲をアレンジしたい場合は、以下の手順が役立ちます。 AIが生成した曲を入手する:AIが生成した曲を、作業可能な形式で入手します。これはMIDIファイル、オーディオファイル(WAV、MP3など)、または譜面ファイル(MusicX...
ビートのマーケティング

フリー音楽配布の危険性:Bad Actorによる悪用

近年、インターネット上でフリーの音楽を配布することが一般的になってきました。クリエイターにとっては、自分の作品を多くの人に届けられる素晴らしい機会です。しかし、この配布方法にはリスクが伴います。Bad Actor(悪意のある人物)が登場すれ...
ビートのマーケティング

ビートメイカーです。ビートを作ったら何をすれば良い?

ビートを作った後、次のステップを踏むことをおすすめします。 ビートの確認と改善 ビートを何度も聴き直し、改善点がないか確認しましょう 音量バランス、音質、構成などを入念にチェックします 必要に応じて調整や変更を加えて、完成度を高めていきます...
ビート販売サイト

BandCamp VS BeatStars

BandCampとBeatStarsは、どちらもアーティストが自分の音楽を販売・配信できるプラットフォームですが、いくつかの違いがあります。 BandCamp 様々なジャンルのアーティストが利用 アルバムやトラック単位での販売が主流 物理的...
ビート販売サイト

ビートが売れない。諦めた方が良いのか、やり続けた方が良いのか?

ビートメイキングを続けるかどうかは、あなたの情熱と目標次第だと思います。以下のようなアドバイスを考えてみました。 諦めるべきかどうかを見極める ビートメイキングへの情熱がまだ強いか自問してみましょう。音楽制作を心から楽しめているなら、続ける...
音楽日記

Spotifyに音楽をリリースしないメリットは何か?

スポティファイに音楽をリリースしないメリットは以下の通りです。
ビート販売サイト

ビート販売サイトはBeatstarsで行うべきか、WordPressで行うべきか?

ビート販売サイトを立ち上げる場合、BeatstarsやWordPressといったプラットフォームを選択することは重要な決定です。両方のオプションにはそれぞれメリットとデメリットがあります。以下にそれぞれの特徴を比較してみましょう。
スポンサーリンク