ラッパー

スポンサーリンク
ラップ・ボーカル

売れないラッパーが活躍する方法:生成AIを活用した独自の曲作り

音楽業界は常に進化し続けており、新しい技術が次々と登場しています。その中でも、生成AI(人工知能)は特に注目されています。生成AIを使えば、売れないラッパーでも独自の曲を作り、活躍の場を広げることが可能です。この記事では、SunoやUdio...
AI音楽

AIでビートを作りました。それをどうすればいいでしょうか?

AIを使ってビートを作ったこと、おめでとうございます!それは素晴らしいことです。では、AIで生成したビートで何ができるのか、いくつかのアイドアを探ってみましょう。 アーティストとコラボレーション:ラッパー、シンガー、ミュージシャンなど、あな...
ビート販売サイト

[ビートメイカー] ステムファイルをラッパーに送る際、各トラックやマスタートラックにかけたエフェクトは外すべきなのか、それともエフェクトはつけたままにするべきなのか。

ビートメイカーとしてステムファイルをラッパーに送る際のエフェクトの扱いについては、以下のようなアプローチが一般的です。 各トラックのエフェクト 基本的には、各トラックのエフェクトは残しておくことをおすすめします。 ビートのサウンドを構成する...
ラップ・ボーカル

ラッパーとして自分のフローを見つけるにはどうすれば良い?

ラッパーとして独自のフローを見つけるためのアドバイスをいくつかご紹介します。
ラップ・ボーカル

スウィングがかかったヒップホップビートはかっこいいのですが、ラップしにくいです。これってそういうものなんですか?

スウィングがかかったヒップホップビートは、ビートに独特のリズムやグルーヴを加えることで、聞いている人にとっては非常に魅力的に感じられるものです。スウィングリズムは、特定の音符間のタイミングをわずかにずらすことにより、ビートに「揺れ」や「弾み...
AI音楽

[ビートメイキング] AI時代に「Beat made by human」はブランドになるのか?

AI時代における「Beat made by human(人間によって制作されたビート)」というフレーズは、いくつかの理由からブランドとして大きな可能性を秘めています。
ビートのマーケティング

音楽制作とビート販売の未来:エキサイティングな変革への対応

音楽制作とビート販売の未来は、目覚ましい変化と進化を遂げるでしょう。BeatStarsのようなプラットフォームを飛び越え、以下の5つのトレンドが重要になります。
ラップ・ボーカル

ラップの歌詞が思い浮かばない時はどうすれば良いのか?

ラップの歌詞が思い浮かばない時は、以下の方法を試してみてください。
ラップ・ボーカル

ラップを録音して曲を作りました。プロモーションはどうすれば良いですか?

ラップ曲のプロモーション、おめでとうございます! 多くの方法がありますが、効果的な方法は以下の通りです。
ラップ・ボーカル

ラップ録音における呼吸法とフロー

ラップ録音において、呼吸法とフローは、スムーズで力強いパフォーマンスを実現するために不可欠な要素です。ここでは、それぞれの要素について詳しく説明し、ラップ録音に役立つヒントや練習方法をご紹介します。
スポンサーリンク