初心者

スポンサーリンク
ラップ・ボーカル

売れないラッパーが活躍する方法:生成AIを活用した独自の曲作り

音楽業界は常に進化し続けており、新しい技術が次々と登場しています。その中でも、生成AI(人工知能)は特に注目されています。生成AIを使えば、売れないラッパーでも独自の曲を作り、活躍の場を広げることが可能です。この記事では、SunoやUdio...
AI音楽

プロンプトを書いてどんな音楽を作れるようになったら、今度はどんな音楽を作れば良いのかを迷うことになる。そこからが本番です。

音楽制作の世界は、技術の進化とともに大きく変わりつつあります。特にAI技術の進歩により、プロンプトを入力するだけで音楽を生成できるツールが登場し、誰でも簡単に音楽を作れる時代が到来しました。しかし、プロンプトを使って音楽を作ることができるよ...
AI音楽

ビートメイキングのネタが切れたらそこからはAIの出番だ

ビートメイキングは音楽制作の中でも特にクリエイティビティが求められる分野です。しかし、アイデアが枯渇してしまうことは誰にでもあるでしょう。そんな時、AIの力を借りるのはいかがでしょうか。 AIを活用したビートメイキングのメリット 無限のイン...
ビートメイキング

ラップビートを自作するにはどうすれば良い?

ラップビートを自作するには、いくつかの方法があります。
ラップ・ボーカル

ラップのレコーディングで16小節を録音する場合、16小節をそのまま通しで録るのが基本ですか?それとも4小節や8小節ずつに分けて録ったりするのでしょうか?

ラップのレコーディングで16小節を録音する場合、通しで録るか分けるかは、いくつかの状況によって異なります。
ラップ・ボーカル

ラップ録音に合うオーディオインターフェイスを教えてください。

ラップ録音に適したオーディオインターフェイスを選ぶ際には、以下の要素を考慮すると良いでしょう。
ラップ・ボーカル

ラッパーが自分でビートを作れない場合にはどうすれば良いのか?

ラッパーが自分自身でビートを作成できない場合には、いくつかの選択肢があります。この問題に対処するための具体的な方法を以下に紹介します。
ビートメイキング

ビートメイキングにおけるクオンタイズ:使う?使わない?

ビートメイキングにおいて、クオンタイズは非常に重要な機能です。しかし、その使い方については、常に議論が絶えません。今回は、「ビートメイキングにおいてクオンタイズするかしないか」というテーマについて、メリットとデメリットを比較しながら考察して...
音楽日記

Ableton Noteの使い方

Ableton Noteは、iPhone/iPadで音楽制作を始められるアプリです。直感的な操作で、ビートやメロディの作成、身の回りの音のサンプリングなど、音楽制作の最初の一歩を踏み出すことができます。
ビートメイキング

ローファイ・ヒップホップを作るには?

ローファイ・ヒップホップを作成するには、音楽的な構成とプロダクション技術を組み合わせて、リラックスした雰囲気のサウンドを低忠実度で表現することが特徴です。自分だけのローファイ・ヒップホップトラックを作り始めるための基本的なステップとヒントを...
スポンサーリンク