著作権

スポンサーリンク
AI音楽

ビートメイキングのネタが切れたらそこからはAIの出番だ

ビートメイキングは音楽制作の中でも特にクリエイティビティが求められる分野です。しかし、アイデアが枯渇してしまうことは誰にでもあるでしょう。そんな時、AIの力を借りるのはいかがでしょうか。 AIを活用したビートメイキングのメリット 無限のイン...
AI音楽

AI音楽が音楽業界にどのような変革をもたらすのか教えてください。

AIミュージックは、音楽業界に大きな変革をもたらす可能性があります。以下は、AIミュージックが音楽業界に与える影響について考えられる点です。 新しい創造性の可能性: AIによる音楽生成は、アーティストに新しいサウンド、スタイル、コラボレーシ...
ビートのマーケティング

フリー音楽配布の危険性:Bad Actorによる悪用

近年、インターネット上でフリーの音楽を配布することが一般的になってきました。クリエイターにとっては、自分の作品を多くの人に届けられる素晴らしい機会です。しかし、この配布方法にはリスクが伴います。Bad Actor(悪意のある人物)が登場すれ...
ビートのマーケティング

ビートメイカーです。ビートを作ったら何をすれば良い?

ビートを作った後、次のステップを踏むことをおすすめします。 ビートの確認と改善 ビートを何度も聴き直し、改善点がないか確認しましょう 音量バランス、音質、構成などを入念にチェックします 必要に応じて調整や変更を加えて、完成度を高めていきます...
AI音楽

AIを使ったビートメイキングは未来を担いますか?

AIを使ったビートメイキングは、音楽制作の未来を担う有望な分野の一つだと言えるでしょう。AIは既にビートメイキングの様々な側面に活用されています。
ビートのマーケティング

ビートメイカーです。複数の音楽配信サービスを使用して私の音楽を配信しても大丈夫ですか?

複数の音楽配信サービスを利用して、自分の音楽を配信することは可能です。ただし、いくつか重要な点があります。
音楽日記

KENDRIXで音楽クリエイターの権利を守ろう!JASRACが提供する無料プラットフォーム

音楽クリエイターのみなさん、自分の作品の権利を守るために何かしていますか?実は、日本音楽著作権協会(JASRAC)が運営するKENDRIX(ケンドリックス)というプラットフォームを利用すると、簡単に自分の楽曲の存在証明や身元確認ができるんで...
ビートのマーケティング

ループを使ってヒップホップビートを作るデメリットは?

ループを使ってヒップホップビートを作る際のデメリットを再考すると、以下のようになります:
AI音楽

AIはビートメイキングの未来を担いますか?

AIがビートメイキングや音楽制作全般に与える影響は大きいです。AIの技術は既に音楽産業で革新をもたらしており、作曲、編曲、ミキシング、マスタリングなどのプロセスをサポートし、新たな音楽の創出を可能にしています。
ラップ・ボーカル

ラップ界隈において、トラック提供とは?

ラップ界隈において、「トラック提供」とは、音楽プロデューサーやビートメイカーがラッパーやアーティストに対して楽曲のインストゥルメンタル部分、つまりビートやメロディーを提供することを指します。このプロセスは、アーティストが自身の歌詞やフローを...
スポンサーリンク