録音

スポンサーリンク
AI音楽

生成AIツールの台頭で音楽レコーディングの仮歌さんは必要なくなった

音楽業界は技術の進化とともに大きな変革を遂げてきました。最近では、SunoやUdioといった生成AIツールが登場し、音楽制作のプロセスを劇的に変えています。これにより、仮歌さん(デモシンガー)の役割が不要になったと言っても過言ではありません...
ラップ・ボーカル

売れないラッパーが活躍する方法:生成AIを活用した独自の曲作り

音楽業界は常に進化し続けており、新しい技術が次々と登場しています。その中でも、生成AI(人工知能)は特に注目されています。生成AIを使えば、売れないラッパーでも独自の曲を作り、活躍の場を広げることが可能です。この記事では、SunoやUdio...
AI音楽

AIを使ってビートメイキングする際、個性を出すにはどうすれば良い?

AIを使ってビートメイキングする際に個性を出すには、以下のようなポイントを意識すると良いでしょう。 1. AIツールの設定をカスタマイズする 使用するAIツールのパラメータを細かく調整し、自分好みのサウンドを作り出しましょう。 プリセットを...
ビートメイカーのマインドセット

ビートメイキングで個性を出すにはどうすれば良いと思う?

ビートメイキングで個性を出すためのアドバイスをいくつかご紹介します。 サウンドの選択 一般的なドラムサンプルではなく、ユニークなサンプルを使用する 自分で録音したサンプルを取り入れる 音色を加工し、オリジナリティのあるサウンドを作る リズム...
ビート販売サイト

[ビートメイカー] ステムファイルをラッパーに送る際、各トラックやマスタートラックにかけたエフェクトは外すべきなのか、それともエフェクトはつけたままにするべきなのか。

ビートメイカーとしてステムファイルをラッパーに送る際のエフェクトの扱いについては、以下のようなアプローチが一般的です。 各トラックのエフェクト 基本的には、各トラックのエフェクトは残しておくことをおすすめします。 ビートのサウンドを構成する...
ラップ・ボーカル

ラップ録音において、息継ぎはミキシングで目立たないようにした方が良いのか、それともそのような処理はしない方が良いのか?

ラップ録音において、息継ぎの扱い方には一概に正解はないと思います。アーティストのスタイルや曲調、表現したい世界観によって判断すべきでしょう。
ビートメイキング

ヒップホップビートにおいて、ドラムの打ち込み方

本記事では、ヒップホップビートにおいてドラムを打ち込む方法について解説します。
ラップ・ボーカル

ラップの録り方:プロのような仕上がりを目指すための詳細ガイド

ラップの録音は、技術的な知識と創造性の組み合わせが必要です。ここでは、ラップの録音において特に重要な4つのトピックについて解説します:テイクの録り方、パンチイン・アウト、コンピング、ピッチ修正についてです。
ラップ・ボーカル

ラップ録音の極意:ミックス・マスタリングでスキルアップ!

ラップ録音は、自分の声を武器に表現力を発揮するクリエイティブな作業です。しかし、せっかく録った音声が埋もれてしまったり、音質が悪くて聞きづらかったりしては台無しです。そこで今回は、ラップ録音の応用として、ミックス・マスタリングの重要性と具体...
ラップ・ボーカル

ラップ録音のトラブルシューティング

ラップ録音を始めてみたものの、音割れやノイズ、音質の悪さに悩んでいる方も多いのではないでしょうか? ここでは、ラップ録音でよく発生するトラブルとその原因、対策について解説します。
スポンサーリンク