サンクコスト効果に惑わされないビート販売のコツ

ビートメイカーとしてオリジナルビートの制作・販売を行う上で、サンクコスト効果に気をつける必要があります。サンクコスト効果とは、過去にかけたコストが無駄になるのを嫌がるあまり、非合理的な意思決定をしてしまう心理効果のことです。

ビート販売においてサンクコスト効果が表れる典型例が以下の3つです。

  1. 販売不振のビートへの対応 膨大な時間をかけて制作したビートが思うように売れない場合、制作にかけたコストを無駄にしたくないという心理から、値下げを渋ったり、ラインナップに載せ続けたりしてしまうケースがあります。しかし、需要に合わせて柔軟に価格設定し、ラインナップを更新することが重要です。
  2. 流行遅れのジャンルに固執する 得意なジャンルのビート制作に熱心に取り組んできたのに、そのジャンルが下火になってしまった場合、技術習得にかけた時間を無駄にしたくないという思いから、時流に合わなくなったジャンルへの固執が生じることがあります。しかしビート販売では旬のジャンルに対応することが肝要です。
  3. マイナーな音源にこだわり続ける レアな音源を収集するために多くの時間とお金を投資してきた場合、その音源を使い続けたいという執着が生まれることがあります。しかし、ビート販売ではリスナーの嗜好に合わせることが重要であり、マイナーな音源へのこだわりが仇となることもあります。

このようにサンクコスト効果に支配されると、変化への適応が遅れ、ビジネスチャンスを逃してしまいます。過去のコストにとらわれず、市場の需要を見極めて柔軟に方針を変更していくことが、ビートメイカーには求められるのです。常に冷静に状況を分析し、先を見据えた判断を心がけましょう。