人のためにビートを作るのは疲れます。自分のためにビートを作っても良いのでしょうか?

もちろん、自分のためにビートを作っても全く問題ありません。実際、自分自身が楽しんで作ることで、よりクリエイティブなものが生まれることもあります。さらに、自分が気に入ったビートや楽曲が他の人にも共感を呼び起こすことは十分にあり得る話です。

人のために何かを作ることは素晴らしいことですが、それがストレスや疲れにつながる場合、一歩後退して自分自身のために何かを作る時間を持つことも重要です。これが自己啓発にもつながり、最終的には他人に提供できるものも向上する可能性があります。

アーティストやクリエイターとして、自分自身が最も情熱を持って取り組めるプロジェクトを選ぶことは、持続可能なキャリアを築くためにも非常に重要です。ですので、ぜひ自分のためにもビートを作ってみてください。