ビートメイカーは趣味として楽しむのが一番強い?

近年、音楽制作のハードルがぐっと下がり、誰でも手軽にビートメイクを始められるようになりました。しかし、ビートメイカーとして活動していく中で、「売れない」「評価されない」「モチベーションが続かない」など、様々な悩みを抱える人も少なくありません。

そこで今回は、「結局、ビートメイカーは趣味として楽しむのが一番強いんじゃないかな」というテーマについて考えてみたいと思います。

趣味として楽しむメリット

ビートメイクを趣味として楽しむメリットは、以下の通りです。

  • 自由度が高い: 売ることや評価されることを気にせず、自分の好きな音楽を作ることができる。
  • リラックス効果: 音楽制作は、ストレス解消やリラックス効果があると言われている。
  • 達成感: 作品を完成させたときの達成感は格別。
  • コミュニティ: 同じ趣味を持つ仲間と交流できる。

趣味として楽しむためのポイント

ビートメイクを趣味として楽しむためには、以下のポイントを意識すると良いでしょう。

  • 完璧を目指さない: 完璧を求めると、時間がかかったり、モチベーションが下がったりしてしまう。
  • 自分の好きな音楽を作る: 自分が好きな音楽を作ることで、楽しみながらスキルアップできる。
  • 他人と比較しない: 人と比べることなく、自分のペースで楽しむ。
  • アウトプットする: 作品をSNSなどで発表することで、モチベーションを維持できる。

まとめ

ビートメイクは、仕事としてだけでなく、趣味としても楽しめる奥深いものです。肩の力を抜いて、自分の好きな音楽を作ることが、ビートメイカーを長く続ける秘訣かもしれません。

補足

もちろん、ビートメイカーとしてプロを目指すのも素晴らしいことです。しかし、プロとして活動していくためには、音楽制作のスキルだけでなく、ビジネススキルも必要になります。

ビートメイクを趣味として楽しむことで、音楽制作のスキルを磨き、自分自身の音楽スタイルを確立することができます。そして、将来的にプロを目指すのであれば、趣味で培ったスキルや経験が活きてくるでしょう。