DTMにおいてキンキンした音を修正する方法

ビートメイキング

DTM(デスクトップ・ミュージック)でキンキンした音を修正する方法はいくつかありますが、以下の手順が参考になるかもしれません。

  1. EQ(イコライザー)を使う キンキンした音は、高音域が強調されているため、EQで高音域を減らすことで修正できます。具体的には、1000Hzより高い周波数帯域のゲインを下げると良いでしょう。
  2. ディレイやリバーブをかける キンキンした音を少し柔らかくするためには、ディレイやリバーブをかけることが有効です。特に、ホールやチャンバーなどの自然な響きを模倣するリバーブは、キンキンした音に自然な余韻を加えることができます。
  3. コンプレッサーを使う 音がキンキンする原因の1つに、瞬間的なレベルが高すぎることが挙げられます。この場合、コンプレッサーを使って音のダイナミクスを調整することで、キンキンした音を抑えることができます。ただし、コンプレッションの度合いを過剰にかけると、音がつぶれる恐れがあるので注意が必要です。
  4. サチュレーションをかける キンキンした音は、トーンバランスが悪いことが原因の場合があります。この場合、サチュレーションをかけることで、音のパンチや温かみを増すことができます。具体的には、アナログモデリングのプラグインを使用すると効果的です。

これらの方法を組み合わせながら、キンキンした音を修正してみてください。

アバター画像

1982年生まれ、ヒップホップやラップビートの制作、及びアーティストのプロデュースやコンサルティングをしているビートメイカー兼音楽プロデューサーです。音楽活動と個人ブログを介して、スモールビジネスのウェブ上でのマーケティング戦略を研究しています。インターナショナル育ちのため、英語が分かります。趣味は筋トレ、写真加工、WordPressカスタマイズ、K-Pop、web3、NFT。韓国が大好き。

Genx Beats [ゲンクスビーツ]をフォローする
ビートメイキング
スポンサーリンク