ビートメイカーです。複数の音楽配信サービスを使用して私の音楽を配信しても大丈夫ですか?

複数の音楽配信サービスを利用して、自分の音楽を配信することは可能です。ただし、いくつか重要な点があります。

  1. 独占配信: 一部の配信サービスでは、特定のトラックやアルバムをそのサービスのみで配信することを求められる場合があります。各配信サービスの利用規約をよく読んでください。
  2. 配信地域の制限: 配信サービスによって、配信可能な地域が異なる場合があります。複数の配信サービスを利用することで、より広い市場やプラットフォームにアクセスできます。
  3. ロイヤリティ率と手数料: 配信サービスによってロイヤリティ率や手数料が異なります。それぞれのサービスのコストとメリットを比較して、賢明な判断をしましょう。
  4. トラックとアルバムの管理: 複数の配信サービスを利用すると、リリースの管理、売上のトラッキング、ロイヤリティの監視が複雑になる可能性があります。異なるプラットフォームで自分の音楽を管理するためのシステムを整えましょう。
  5. アグリゲーター: DistroKidやCD Baby、TuneCore、Ditto Music、Amuseなどの配信サービスは、アグリゲーターとして機能し、複数のプラットフォームやストアに音楽を配信できます。これにより、プロセスが簡素化され、複数の配信サービスを利用する必要性が減ります。

注意点:

  • 同一の楽曲やアルバムを複数の配信サービスで同時に配信することはできません。
  • 複数の配信サービスで同一の楽曲やアルバムを配信すると、以下の問題が発生する可能性があります。
    • 重複: ストリーミングサービス (Spotify、Apple Musicなど) に同一の楽曲が複数登録されることになり、リスナーを混乱させる可能性があります。
    • ロイヤリティの分割: 同一の楽曲に対して複数の配信サービスからロイヤリティを受け取るため、ロイヤリティが分散してしまう可能性があります。
    • 楽曲の削除: 著作権侵害対策として、ストリーミングサービスから楽曲が削除される可能性があります。

複数の配信サービスを効果的に利用する方法:

  • 楽曲やアルバムを配信サービスごとに分ける:
    • これが最もシンプルで、問題が発生する可能性が低い方法です。
  • 配信地域を分ける:
    • 一部の配信サービスは、配信地域を限定することができます。
    • この機能を利用することで、特定の地域に特化して音楽を配信することができます。
  • 既存のリリースを移行する:
    • 配信サービスを変更したい場合は、既存のリリースを元の配信サービスから削除し、新しい配信サービスに再アップロードする必要があります。
    • 元の配信サービスからリリースを削除する方法は、各配信サービスによって異なります。

ビートメイカーとしてのニーズに最も適した配信サービスの組み合わせを見つけるために、それぞれのサービスを十分にリサーチすることをおすすめします。