ビートメイカーは作ったビートを適切にカテゴリ分けすることが大切。

ビートメイカーが作ったビートを適切にカテゴリ分けすることは、リスナーやクライアントが求める音楽を簡単に見つけるために重要です。カテゴリ分けする際に考慮すべき主なポイントは次の通りです:

  1. ジャンル: ヒップホップ、エレクトロニック、R&B、トラップ、ポップなど、ビートが属する音楽ジャンルを特定します。これは最も基本的なカテゴリ分けで、リスナーやクライアントが特定のスタイルのビートを探す際の出発点となります。
  2. テンポ: BPM(1分間に打たれるビートの数)を指定して、ビートの速さをカテゴリ分けします。テンポは楽曲の雰囲気やエネルギーを大きく左右するため、特定のムードやシーンに合わせたビートを探しているユーザーにとって重要な指標となります。
  3. ムード: 明るい、暗い、穏やか、激しいなど、ビートが醸し出す感情的な雰囲気を表すキーワードでカテゴリ分けします。このカテゴリは、特定の感情的な反応を引き出すためのビートを探しているクリエイターやリスナーに役立ちます。
  4. 楽器の使用: 主に使われている楽器や音色(例えば、ピアノ、シンセサイザー、ドラムマシン)を基にカテゴリ分けします。特定の楽器の音色を求めているユーザーがビートを簡単に見つけられるようにします。
  5. 使用シーン: ビートがどのようなシーンや用途に適しているかを示すキーワードでカテゴリ分けします。例えば、背景音楽、ボーカルトラック用、動画制作用など、使用目的に応じたビートを提供します。

これらのカテゴリを適切に設定することで、ビートメイカーは自分の作品をもっと効率的にプロモーションし、リスナーやクライアントが必要とする音楽を迅速に見つけることができるようになります。また、ビートの検索性を高め、より多くの潜在的なリスナーや購買者と繋がるチャンスを増やすことができます。

使用シーンは自分でどうやって分かるの?

使用シーンを決定する際、ビートメイカーは以下の方法で適切なカテゴリを見つけることができます:

  1. 自身のビートの分析: 自作のビートを客観的に聴き、そのリズム、テンポ、音色がどのような雰囲気や感情を想起させるかを分析します。ビートが活動的でエネルギッシュなら、ダンスやワークアウトのシーンに適しているかもしれません。一方、穏やかでリラックスしたビートは、瞑想や勉強の背景音楽に適している可能性があります。
  2. ターゲットオーディエンスの考慮: ビートを最も楽しむであろうリスナー層を想像します。若者向けのエネルギッシュなビートや、より成熟したリスナーを対象とした洗練されたジャズビートなど、異なるオーディエンスが好むビートの種類を考えます。
  3. 既存のトラックの分析: 自分のビートが似ていると感じる既存の曲やアーティストを探し、それらがどのようなシーンや用途で使用されているかを調べます。たとえば、あるビートが人気の映画のサウンドトラックに似ている場合、それは映像作品に適していると言えるかもしれません。
  4. フィードバックの収集: 他の音楽クリエイターやリスナーからのフィードバックを収集します。彼らがビートを聴いた際にどのようなシーンを想像するか、または特定の用途で使用したいと思うかを尋ねることで、ビートの使用シーンをより正確に特定できるかもしれません。
  5. 映像作品との組み合わせ: 自分のビートを様々な映像素材と組み合わせてみて、どのタイプの映像と自然に調和するかを確かめます。この実験を通じて、ビートが特定の映像シーンやムードにどの程度適しているかを判断できます。

これらの方法を通じて、ビートメイカーは自分の作品が様々な使用シーンにどのようにフィットするかをよりよく理解し、適切なカテゴリ分けを行うことができます。このプロセスは、ビートの魅力を最大限に引き出し、潜在的な使用者に適切な方法でアプローチするのに役立ちます。