初心者のビートメイカーが音楽理論について学ぶ時、何から始めれば良いですか?

音楽理論を学ぶ上で、初心者のビートメイカーがまず始めるべきことは以下の通りです。

・音階とコードの関係を学ぶ。メロディとコードの関係が分かると、曲の構成が理解しやすくなります。

・リズムと拍子の違いを学ぶ。拍子とリズムパターンは曲のグルーヴを作る基礎となります。

・和声進行の基本を学ぶ。コードの移り変わり方で曲の雰囲気が大きく変わります。

・音楽用語の意味を覚える。テンポ、コーラス、ブリッジなど、よく使う言葉の概念を理解しておきましょう。

・好きなアーティストの楽曲を分析する。実際の楽曲から理論をイメージしやすくなります。

・シンプルなメロディ作りを練習する。音階の知識を使って、短いメロディを作ってみることから始めましょう。

・Youtubeなどの無料レッスンを活用する。初歩的なことから応用まで多彩な解説が見つかります。

徐々に実践しながら音楽理論の基礎を身につけていけば、より創造的なビートメイキングができるようになると思います。