SoundCloud上での再生数とマネタイズ:自分でアップロードする場合とBeatStars Distribution経由でのアップロードの違い

はじめに

SoundCloudは多くのアーティストにとって手軽に音楽をシェアできるプラットフォームですが、このサービス内での音楽のアップロード方法には選択肢があります。一つは、自分で直接SoundCloudに音楽をアップロードする方法。もう一つは、BeatStars Distributionを経由してSoundCloudに音楽をアップロードする方法です。今回は、これら二つの方法で得られる再生数とマネタイズの違いに焦点を当てます。

再生数の違い

自分でSoundCloudに直接アップロードした音楽と、BeatStars Distribution経由でアップロードした音楽とでは、再生数に大きな違いが出ることが多いです。特に自分でアップロードした方が、再生数が多くなるケースが一般的です。

マネタイズの困難性

BeatStars Distributionを利用すればマネタイズが可能ですが、少ない再生数では実際の収益も少なく、マネタイズの効果を大いに疑問視する状況があります。

透明性の問題

BeatStars Distribution経由でSoundCloudに音楽をアップロードすると、どれだけの収益が発生しているのか詳細が不明です。この不透明性は、アーティストにとって大きな疑問と不安を残す要素となっています。

SoundCloudとの関係性の変化

Soundropなど他のディストリビューションサービスに移行した場合、SoundCloudへのアップロードが自動的に行われなくなる可能性もあります。これにより、SoundCloudでの活動が減少してしまうリスクも考慮しなければなりません。

SoundCloud Next Proへの抵抗感

SoundCloud Next Proに加入することで一部の問題は解消されるかもしれませんが、何らかの理由でこのオプションに魅力を感じない人も少なくありません。

まとめ

SoundCloudに音楽をアップロードする方法として、自分で直接アップロードする場合とBeatStars Distributionを経由する場合がありますが、それぞれにはメリットとデメリットがあります。特に、再生数とマネタイズに関する大きな違いが出ることが多いです。アーティストはこれらの違いをしっかりと理解し、自分にとって最適な方法を選ぶべきです。