Ableton Live 12 ではTuning Systemが使えるようになったけれど、これはAbleton Live 12の中にあるインストゥメントしか使えないのか、それとも外部のVSTiも使えるのか?

音楽日記

Ableton Live 12 ではTuning Systemが使えるようになったけれど、これはAbleton Live 12の中にあるインストゥメントしか使えないのか、それとも外部のVSTiも使えるのか?

Ableton Live 12のチューニング・システムは、Live内蔵のデバイスだけでなく、MPE対応のプラグインでも使用できます。

つまり、12音平均律以外のチューニングで作業する際、Live内のインストゥルメントだけでなく、外部のMPE対応VSTインストゥルメントでも様々な音階にアクセスできるということです。

ただし、チューニング・システムを外部プラグインで使うには、そのプラグインがMPE(MIDI Polyphonic Expression)に対応している必要があります。

MPEに対応していないVSTプラグインでは、Live 12のチューニング機能を活用できない可能性があるので注意が必要です。

Live 12のチューニングシステムを使って演奏するには、普通のピアノ型の鍵盤だと逆に難しいです。どうすれば良いですか?

Live 12のチューニングシステムを使って12平均律以外の音律で演奏する際、普通のピアノ型の鍵盤だと以下のような問題があります。

  1. 鍵盤の配置と実際の音の関係がわかりにくい
    12平均律の鍵盤では、隣り合う鍵盤の音程は半音ずつ上がっていきます。しかし他の音律では音程の間隔が異なるため、鍵盤の位置と出る音の関係が直感的でなくなります。
  2. 12平均律以外の音律を正確に演奏するのが難しい
    例えば純正律などでは、同じ鍵盤でも音の高さが微妙に変化します。これを普通のピアノ鍵盤で正確に表現するのは熟練を要します。

これらの問題を解決するには、以下のような方法が考えられます。

  • MPE(MIDI Polyphonic Expression)対応の鍵盤を使う
    MPE対応鍵盤なら、1つの鍵盤に対して音程を連続的に変化させられます。これにより純正律など微妙な音程の違いを表現しやすくなります。
  • 視覚的なガイドを使う
    Live上で設定した音律のスケールに合わせて、鍵盤上の演奏すべき位置をLEDなどで示してくれる製品もあります。音律と鍵盤の対応関係が一目でわかります7。
  • 音律に合わせた独自の運指を工夫する
    慣れないうちは難しいかもしれませんが、その音律の音程に合わせて指の使い方を変えていく練習も大切です。

いずれにせよ、普通のピアノ型鍵盤をそのまま使うのは難しいので、MPE対応鍵盤の導入や視覚的ガイドの活用など、演奏環境を工夫することをおすすめします。慣れるまでは大変かもしれませんが、様々な音律の表現力を手に入れられる分、挑戦する価値は十分にあると思います。

アバター画像

1982年生まれ、ヒップホップやラップビートの制作、及びアーティストのプロデュースやコンサルティングをしているビートメイカー兼音楽プロデューサーです。音楽活動と個人ブログを介して、スモールビジネスのウェブ上でのマーケティング戦略を研究しています。インターナショナル育ちのため、英語が分かります。趣味は筋トレ、写真加工、WordPressカスタマイズ、K-Pop、web3、NFT。韓国が大好き。

Genx Beats [ゲンクスビーツ]をフォローする
音楽日記
スポンサーリンク