ワクワクする環境でビートメイキングした方が創造性が高まるよ

タイトルの通りなんですが、ワクワクする環境でビートメイキングを行うことによって、その創造性や楽曲の質が向上します。これは実際に試してみるとわかる本当のことです。

まず、ワクワクする環境とは、自分が心地よく感じ、インスピレーションが湧くような空間のこと。例えば、お気に入りのアーティストのポスターや、自分の好きな色でデコレーションされたスタジオなどがそれに当たります。このような環境では、自然とやる気がわいてきます。

次に、自分が目指す音楽スタイルやアイデンティティを具体化しやすくなるという点があります。例えば、自分が理想とする音楽プロデューサーのようなスタイルでスタジオを整えることで、その目標に向かって自然と努力ができるようになります。

そして、ビートメイキングをする際にも、自分のスタイルに合った服装やアクセサリーを身につけることで、その役割に自然となりきれます。メガネをかけている人が、音楽制作時には専用のヘッドホンに変えたり、普段は控えめな服装の人が、音楽制作時にはより個性的なスタイルを試したりすることで、自分自身も進化していきます。

このようにして、ビートメイキングの環境を整えることで、周囲から見ても「何か違うね!」と言われるようになり、過去の自分と比べて「全然違うじゃん!」という感じになります。自分の中での変化はもちろん、音楽の質にも大きな変化が現れるはずです。

結局のところ、ビートメイキングはただの技術だけではなく、その人の個性や生き方が反映される芸術なのです。だからこそ、自分がワクワクするような環境やスタイルで取り組むことが、素晴らしい音楽を生み出す秘訣と言えるでしょう。