AIを活用して音楽制作をすることで、音楽制作をものすごく効率化できるのは分かりましたが、「自分でやった感」や「満足感」や「役に立ってる感」がなくて困っています。これはどうすれば良いと思いますか?

AIを音楽制作に活用する際の「自分でやった感」や「満足感」、「役に立ってる感」の欠如は、多くのクリエイターが感じる問題です。しかし、AIを効果的に活用しつつ、それらの感覚を維持・高める方法はいくつかあります。

  1. AIをアシスタントとして使う: AIを完全に主体として音楽を作成させるのではなく、あくまでアシスタントのような位置付けで使用する。例えば、ある部分のメロディやリズムのアイデアを出してもらい、それをベースに自分でアレンジするなど。
  2. プロセスを混合する: AIで生成された部分と、自分で手動で作った部分を組み合わせることで、独自性やオリジナリティを保つ。
  3. AIの学習データをカスタマイズする: AIのトレーニングデータやパラメータを自分の好みやスタイルに合わせてカスタマイズすることで、出力される音楽に自分らしさを持たせる。
  4. 制作過程を楽しむ: 音楽制作の過程自体を楽しむことが大切。AIを使うことで、新しい可能性やアイデアを探求する過程を楽しむことができる。
  5. 学びの姿勢を持つ: AIからの出力を参考にして、自分の音楽的知識やセンスを高めていく。AIを使うことで新しいコード進行やリズムパターンに触れることができる。
  6. 他のクリエイティブな側面に注力: AIに特定の部分を任せることで、他の部分(例:歌詞、ビジュアルアート、MV制作)にもっと時間とエネルギーを注ぐことができる。

AIの活用はツールの一つとして捉え、そのツールを使って自分のクリエイティビティやアイデンティティを最大限に発揮する方法を見つけることが重要です。