結局はビートメイキングは続けたもん勝ち

ビートメイキングにおいても、上達が早い人とそうでない人がいます。しかし、伸びが遅いからといって諦める必要はありません。ビートメイキングのスキルも、特定のキューがきっかけで急に向上することがあります。

例えば、いつも頑張っているのに上達が見られなかった人が、旅行に行って音楽から離れた結果、新しいアイデアやインスピレーションが湧き、ビートの質が急激に向上した、というケースがあります。これは、おそらく今まで音楽制作に集中しすぎていたため、旅行で得た心の休息が創造性の向上につながったのでしょう。

また、いつも節制していたビートメイカーが、友達とのセッションで自由に音楽を楽しんだ結果、新たなスタイルやリズムを発見し、その後の制作に大きな影響を与えたという話もよく聞きます。これは、今まで自分のスタイルに固執しすぎていたため、新しい体験が創造性を刺激した結果と考えられます。

ですから、ビートメイキングのスキルがなかなか伸びないからといって、それが永遠に続くわけではありません。大切なのは、音楽制作を続けること、そして時には新しい刺激を求めて旅行に行ったり、新しいジャンルを試したり、異なる制作方法を採用したりすることです。何かがきっかけで「気付き」を得られることは、ビートメイキングにおいても非常に多いのです。

ビートメイキングは、決して諦めずに続けましょう。新しいインスピレーションが、次の一歩を導くかもしれません。