他人と競争はしないビートメイカーになろう。

ビートのマーケティング

音楽制作において、競争は避けられない要素の一つと言えるでしょう。しかし、競争にばかり意識が向いてしまうと、自分自身の音楽的アイデンティティや創造性が失われてしまうかもしれません。そこで、今回は「他人と競争はしないビートメイカーになろう」というテーマについて考えてみたいと思います。

競争に注力しすぎることがもたらす悪影響について

まず、競争に注力しすぎることがもたらす悪影響について考えてみましょう。競争は自分自身を追い詰め、ストレスや不安を感じさせることがあります。自分が作り出した曲が他人よりも上手くなければ、才能がないと思われるかもしれません。そういったプレッシャーを感じてしまうと、音楽制作が苦痛になり、やる気が失われる可能性があります。

また、競争心が強すぎると、自分自身の音楽性を見失ってしまうかもしれません。他人がやっていることに追随して、自分も同じような曲を作ってしまうことがあるでしょう。そうすると、自分自身が持っている独自性や個性が失われてしまい、作品に深みがなくなってしまうかもしれません。

他人と競争しないにはどうすればいいのか

では、他人と競争しないビートメイカーになるためにはどうすればいいのでしょうか。

自分自身の音楽性の確立

まず、自分自身の音楽性を確立することが大切です。自分がどんな音楽を作りたいのか、どんなメッセージを込めたいのかを明確にすることが必要です。そうすることで、他人と比べることが少なくなり、自分自身の音楽的アイデンティティを確立することができます。

他人と協力すること

また、他人と協力することも大切です。音楽制作は一人で行うものではありません。他の音楽プロデューサーやミュージシャンと協力することで、互いに刺激を受け、より良い音楽が生まれるかもしれません。また、協力することで、自分自身の音楽性を見つめ直すこともできます。

自分自身の成長を重視する

さらに、競争よりも「自分自身が成長」を重視することも大切です。他人と競い合うことに固執しすぎると、自分自身がどれだけ成長しているのか見失ってしまうことがあります。そこで、自分自身が今まで作った曲と比べ、より良くなったところや改善すべきところを見つけ、常に成長することを意識することが大切です。

自分自身が納得できる音楽を作る

また、自分自身が納得できる音楽を作ることが大切です。自分が本当に作りたい音楽を作ることで、自分自身が満足する音楽が作れるようになります。自分自身が納得できる音楽を作れば、他人からの評価に振り回されることなく、自分自身が目指す音楽を作り続けることができます。

自分自身が成長するための環境作りにフォーカスする

最後に、自分自身が成長するための環境作りが大切です。良い音楽を作るためには、周りの環境が大きく影響を与えます。良い音楽が聞こえる空間や、良い機材、情報を得られるコミュニティーに参加することで、自分自身が成長する環境を整えることができます。

最後に

以上のことから、他人と競争しないビートメイカーになるためには、自分自身の音楽性を確立し、他人と協力し、自分自身が成長することを意識し、自分自身が納得できる音楽を作り続けることが大切です。競争よりも自分自身が成長することを意識することで、より充実した音楽制作ができるようになるかもしれません。

アバター画像

1982年生まれ、ヒップホップやラップビートの制作、及びアーティストのプロデュースやコンサルティングをしているビートメイカー兼音楽プロデューサーです。音楽活動と個人ブログを介して、スモールビジネスのウェブ上でのマーケティング戦略を研究しています。インターナショナル育ちのため、英語が分かります。趣味は筋トレ、写真加工、WordPressカスタマイズ、K-Pop、web3、NFT。韓国が大好き。

Genx Beats [ゲンクスビーツ]をフォローする
ビートのマーケティング
スポンサーリンク