ビート作りって楽しいですよね。ドラムやシンセを組み合わせたり、新しいリズムを探索したり。でも、誰のために作っているのかって考えたことありますか?

「人に聴かせるために作らなきゃ」とか「売るために作らないと」というプレッシャーに悩まされることって多いと思うんです。でも、ここで一度立ち止まって考えてみて欲しいです。

ビートは誰のためでもなく、自分のために作ってもいいんです。これは、音楽の創造の核心に触れる考え方なんですね。

ビートを作る楽しさは、他の誰かの期待を満たすことではなく、自分自身の中に秘められたリズムを表現するプロセスにあるわけです。自分が何を感じ、何を表現したいのか、それだけを考えてみてもいいんです。

もしビート作りがプレッシャーに感じることがあったら、一度そういった心の中にある「期待」を取り除いてみましょう。自分のために、自分だけが楽しむためにビートを作る。それって素晴らしいことだと思いませんか?

誰かに売るためや誰かに評価されるために作るのももちろん素晴らしいです。だけど、それだけじゃないんです。自分の中で湧き上がるリズム、感じたことを形にする楽しさ、それを大切にしてみてはどうでしょう。

ビートは自分自身の感情、考え、アイディアの表現と言えます。自由に楽しんで、自分の心のままに創造してみて欲しいです。誰のためでもなく、自分のために。それが真に自分らしい音楽を創り上げる第一歩かもしれませんよ。