音楽を公開すると何が起きる?ビートが世界を旅する話

音楽って面白いよね。自分で作った曲やビートをネットにアップするだけで、全世界に広がることができるから。それが今日私が話したいテーマなんだ。

想像してみてほしい。自分が作ったビートを公開した瞬間、それは自分の手を離れ、未知の世界へと飛び立つようなもの。何千キロも離れた国で誰かがそのビートを聞いてくれるかもしれないし、友達にシェアしてくれるかもしれない。

最初はたった一人か二人の人にしか聞いてもらえないかもしれないけど、少しずつ広がっていく。そのビートは自分の知らないところで誰かに聞かれ、感じられ、共有される。そのプロセスは誰にも止めることができない。

だから、音楽を作るっていうのは、実はすごく力強いことなんだと思う。自分の心の中にある感情やメッセージを、言葉ではなく音で伝える。そしてそのメッセージが、自分の知らない誰かの心に届く。

でも、これにはちょっとした怖さもあるよね。自分が作った音楽がどう受け取られるか、どう広まるか、完全にはコントロールできないから。でも、それがまた音楽の魅力の一つなのかもしれない。

自分の作ったビートが、未来のどこかで誰かに影響を与えるかもしれないと思うと、ワクワクする。だから、音楽を作るのって止められないんだよ。

最後に、もしこの記事を読んでいるあなたももし音楽を作っているなら、どんどん公開してみてほしい。そしてその音楽がどこへ飛び立つのか、見守っていこう。それが、音楽の魔法なんだから。