ビートメイカーです。YouTubeやブログなどに来る批判コメントは消して良いと思いますか?

YouTubeやブログに批判的なコメントが来た場合、そのコメントを消すべきかどうかはいくつかの要因に依存します。

コメントを消す理由:

  1. 攻撃的または過度に否定的: コメントが攻撃的、侮辱的、または嫌がらせに近い場合は、それを削除するのは理にかなっています。
  2. 関連性のないスパム: 質の低いスパムコメントや広告も、一般には削除されるべきです。
  3. 偽情報: コメントが明らかな誤情報を広めている場合、それを放置するよりは削除する方が良いでしょう。

コメントをそのままにする理由:

  1. 建設的な批判: もしコメントがあなたの作品に対する有益なフィードバックを提供している場合、それは有用な情報源となりえます。
  2. 自由な表現: インターネットは自由な意見交換の場であり、全ての人が同じ意見を持つわけではありません。多様な意見が存在することを認めることも重要です。
  3. コミュニケーションの機会: 批判的なコメントに対して適切に対応することで、フォロワーに対するあなたのプロフェッショナリズムを示すことができます。

批判コメントに対する最良の対応は、その内容と文脈によります。ただし、攻撃的や不適切なコメントに対しては、削除や報告を行う権利があります。また、自分自身の精神衛生を保つためにも、不必要にストレスを感じるような環境からは距離を置くことが時には必要です。

結論として、どのようなアクションを取るべきかは、そのコメントがあなたやあなたのコミュニティにどれだけ有益または有害かによって決まるべきです。