AIが人々に代わってどんどん音楽を作成する時代に、ロイヤリティフリ音楽素材の需要はどうなると思いますか?

  • 無料素材と有料素材の需要格差: 高品質なロイヤリティフリー音楽素材は有料化が進む一方、低品質な素材は無料素材として提供されるケースが増えると考えられます。具体的には、以下のような需要格差が生じると予想されます。
    • 高品質な素材を求めるクリエイターは、有料素材を購入するようになる。
    • 低コストで音楽を利用したいクリエイターは、無料素材を利用するか、自分でAIを使って生成するようになる。

具体的な需要の変化

具体的な需要の変化としては、以下のようなことが考えられます。

  • 高品質なロイヤリティフリー音楽素材の販売サイトやサービスの登場: 高品質なロイヤリティフリー音楽素材を専門に販売するサイトやサービスが登場し、クリエイターが質の高い素材を見つけやすくなると予想されます。
  • 特定のジャンルや用途に特化したロイヤリティフリー音楽素材の増加: 特定のジャンルや用途に特化したロイヤリティフリー音楽素材が増え、クリエイターはニーズに合った素材を見つけやすくなると考えられます。
  • 無料素材と有料素材の棲み分け: 無料素材と有料素材が明確に棲み分けられ、クリエイターは自身のニーズに合わせて素材を選択できるようになると予想されます。

結論

AI 作曲の普及によって、ロイヤリティフリー音楽素材の需要は単純な増加ではなく、質や用途、価格帯などによって需要が分化していくと考えられます。