BandCamp VS BeatStars

ビート販売サイト

BandCampとBeatStarsは、どちらもアーティストが自分の音楽を販売・配信できるプラットフォームですが、いくつかの違いがあります。

BandCamp

  • 様々なジャンルのアーティストが利用
  • アルバムやトラック単位での販売が主流
  • 物理的なメディア(CDやレコードなど)の販売も可能
  • アーティストへの収益分配率が高い(通常85%以上)
  • ファンとのコミュニケーション機能が充実

BeatStars

  • ビートメイカーやプロデューサーに特化
  • リース(使用権の貸与)やエクスクルーシブ(独占的使用権)での販売が主流
  • カスタムライセンス設定が可能
  • 著名アーティストとのコラボレーション機会が多い
  • マーケットプレイスとしての機能が強い

総じて、BandCampは様々なジャンルのアーティストが自身の音楽を直接販売するのに適しており、BeatStarsはビートメイカーがトラックを販売し、他のアーティストとつながるのに適しているといえます。どちらを選ぶかは、アーティストの目的やニーズによって異なります。