スポンサーリンク
ビートのマーケティング

フリー音楽配布の危険性:Bad Actorによる悪用

近年、インターネット上でフリーの音楽を配布することが一般的になってきました。クリエイターにとっては、自分の作品を多くの人に届けられる素晴らしい機会です。しかし、この配布方法にはリスクが伴います。Bad Actor(悪意のある人物)が登場すれ...
ビート販売サイト

[ビートメイカー] ステムファイルをラッパーに送る際、各トラックやマスタートラックにかけたエフェクトは外すべきなのか、それともエフェクトはつけたままにするべきなのか。

ビートメイカーとしてステムファイルをラッパーに送る際のエフェクトの扱いについては、以下のようなアプローチが一般的です。 各トラックのエフェクト 基本的には、各トラックのエフェクトは残しておくことをおすすめします。 ビートのサウンドを構成する...
ビートメイカーのマインドセット

ビートメイカーとしての活動とお金の関係について

ビートメイカーとして活動していく上で、お金にならない活動をする必要があるのかどうかは、非常に重要な問題です。一見すると、お金にならない活動は無駄に思えるかもしれません。しかし、長期的な視点で見ると、必ずしもそうとは言えません。 お金にならな...
ビートのマーケティング

ビートメイカーです。アーティスト名を分けるメリットとデメリットを教えて。

アーティスト名を分けることには、いくつかのメリットとデメリットがあります。 メリット 多様性の表現 異なるジャンルや音楽性を持つ作品を、別々のアーティスト名で発表することで、聴衆に混乱を与えずに多様性を表現できます。 リスク分散 一つのアー...
ビートのマーケティング

ビートメイカーです。ビートを作ったら何をすれば良い?

ビートを作った後、次のステップを踏むことをおすすめします。 ビートの確認と改善 ビートを何度も聴き直し、改善点がないか確認しましょう 音量バランス、音質、構成などを入念にチェックします 必要に応じて調整や変更を加えて、完成度を高めていきます...
ビートメイカーのマインドセット

ビート制作が飽きる理由、それはチャレンジすることがなくなった時

ビート制作は、音楽制作の中でも特にクリエイティビティと技術が求められる分野です。しかし、長年ビート制作に携わっていると、ある時点で飽きを感じることがあります。その主な理由は、チャレンジすることがなくなったときです。 1. 同じパターンの繰り...
ビート販売サイト

BandCamp VS BeatStars

BandCampとBeatStarsは、どちらもアーティストが自分の音楽を販売・配信できるプラットフォームですが、いくつかの違いがあります。 BandCamp 様々なジャンルのアーティストが利用 アルバムやトラック単位での販売が主流 物理的...
ビート販売サイト

ビートが売れない。諦めた方が良いのか、やり続けた方が良いのか?

ビートメイキングを続けるかどうかは、あなたの情熱と目標次第だと思います。以下のようなアドバイスを考えてみました。 諦めるべきかどうかを見極める ビートメイキングへの情熱がまだ強いか自問してみましょう。音楽制作を心から楽しめているなら、続ける...
ビートのマーケティング

ビートメイカーとしてサブブランドの活用について

サブブランドの活用は、アーティストが異なる音楽的アイデンティティを探求しながら、それぞれのスタイルに忠実なファンベースを築くことを可能にします。この戦略は、特に実験的な作品や新しいジャンルへの挑戦を考えているビートメイカーにとって有効です。...
AI音楽

AIを使ったビートメイキングは未来を担いますか?

AIを使ったビートメイキングは、音楽制作の未来を担う有望な分野の一つだと言えるでしょう。AIは既にビートメイキングの様々な側面に活用されています。
スポンサーリンク