ビートを無料で公開することが、販売のためのカギとなる

音楽プロデューサーを目指し始めた段階では、制作したビートを全て販売しようとするのが本能的な行動かもしれません。収入を得ながら作品を発表したいと考えるのは当然です。しかし、まず最初にビートを無料で公開するという直感に反する戦略を取ることが、実は長期的に多くの販売につながる可能性があります。

奇妙に感じるかもしれませんが、誰でも自由に使えるよう、コストなしでビートをダウンロードしてもらえるようにすることが、強力なプロモーションになります。YouTubeの動画やSoundCloudの歌、Twitchの実況番組などで使ってもらうことで、多くのリスナーに作品が届く機会が大幅に上がります。たとえ無料ビートから直接収入が得られなくても、知名度というメリットが生まれます。

こうした無料のビートを通じて、プロデューススタイルを聴いてくれる人が増えることで、ファンも増えていきます。その中から、ビートの独占使用権やライセンス取得に代金を払おうというアーティストが現れる可能性があります。あるいは、オリジナルのカスタムビートを発注してくる新人アーティストもでてくるでしょう。つまり最初にマーケティングツールとしてビートを無料で公開することが、その後まもなくの販売につながる土台を作ることになるのです。

だからこそ、販売用のビートカタログを量産しながらも、ウェブサイトやSoundCloudの一角で100%無料のビートを公開しましょう。作品が広まるよう、細心の注意を払いつつ、同時に最高の出来栄えのものはライセンス販売など有料で提供する形を作り上げましょう。そうすることで、無料ビートに興味を持ったアーティストが有料ビートにもアクセスしやすくなります。

音楽制作の労力に見合った金銭的対価を得たい思いは理解できます。しかしながら、最初に無料ビートを配信することで自身の存在を知ってもらい、そこから有料の販売につなげていくという手法もあるのです。多くの人に作品群に触れてもらえる機会をつくるため、最初のうちはビートを無料で公開する価値があるといえます。作品を人々に聴いてもらい、後々あなたに利益をもたらす働き手として、音楽を使っていただきましょう!