ビートメイカーです。アーティストをターゲットするか、それともファンをターゲットにするか。

ビートメイカーとして、アーティストをターゲットにするか、ファンをターゲットにするかという問題は、あなたのビジネスモデルやキャリアの目標によって異なるかもしれません。以下にそれぞれのアプローチについてのいくつかの考慮点を挙げます。

アーティストをターゲットにする

  1. プロフェッショナリズムが求められる: アーティストはプロフェッショナルな作品を求めるため、高いスキルと専門知識が必要です。
  2. ビジネスチャンス: 一度成功したビートを提供できれば、そのアーティストとの長期的な関係が築ける可能性があります。
  3. 名声と認知度: 有名なアーティストと仕事をすることで、自分自身の名前も広まる可能性があります。
  4. 収益: アーティスト向けにビートを販売する場合、その価格設定は一般的に高めになります。
  5. 競争: この分野は非常に競争が激しく、一流のアーティストにアプローチするには、高い品質とオリジナリティが求められます。

ファンをターゲットにする

  1. 多様な収益源: ファンはビートだけでなく、関連するマーチャンダイズやサービスにも興味を持っている可能性があります。
  2. コミュニティの形成: ファンをターゲットにすると、熱心なフォロワーが形成されやすく、口コミで自然に拡散される可能性があります。
  3. 創造性の自由: ファンが主なターゲットであれば、商業的なプレッシャーが少ないため、より自由に創造的な作品を作ることができます。
  4. リスク: ファンベースが小さいと、収益の安定性が低くなる可能性があります。
  5. 長期的な関係: ファンとの長期的な関係を築くことができれば、持続的な収益が期待できます。

どちらのターゲットにするかは、あなたのスキル、興味、ビジネスの方向性によって決まるでしょう。もちろん、これらのアプローチを組み合わせることも可能です。たとえば、アーティスト向けに高品質なビートを作りつつ、自分自身のブランドを構築して一般のファンにもアプローチするといった方法も考えられます。