アクセス

スポンサーリンク
AI音楽

AIが作った曲を編曲したい。どうすれば良い?

AIが作成した曲をアレンジしたい場合は、以下の手順が役立ちます。 AIが生成した曲を入手する:AIが生成した曲を、作業可能な形式で入手します。これはMIDIファイル、オーディオファイル(WAV、MP3など)、または譜面ファイル(MusicX...
音楽日記

Ableton Liveのチューニングシステムに関するFAQ

Ableton Liveのチューニングシステムを使用すると、12平均律以外の音律で作業できます。チューニングは、ほとんどのLiveデバイスとMPE対応のプラグインで機能します。 Liveでは、ヘルプ > 内蔵レッスン > Liveの新機能 ...
音楽日記

Ableton Live 12においてチューニングシステムの使用について

デフォルトでは、Liveは12TETチューニングを使用します。これは、音程が1オクターブあたり12等分に均等に分割されることを意味します。しかし、音程を1オクターブまたは疑似オクターブ(異なる間隔を使用)に分布させる方法は数多くあり、チュー...
音楽日記

Ableton Live 12 ではTuning Systemが使えるようになったけれど、これはAbleton Live 12の中にあるインストゥメントしか使えないのか、それとも外部のVSTiも使えるのか?

ビートのマーケティング

ビートメイカーです。複数の音楽配信サービスを使用して私の音楽を配信しても大丈夫ですか?

複数の音楽配信サービスを利用して、自分の音楽を配信することは可能です。ただし、いくつか重要な点があります。
ビートのマーケティング

ループを使ってヒップホップビートを作るデメリットは?

ループを使ってヒップホップビートを作る際のデメリットを再考すると、以下のようになります:
AI音楽

AIはビートメイキングの未来を担いますか?

AIがビートメイキングや音楽制作全般に与える影響は大きいです。AIの技術は既に音楽産業で革新をもたらしており、作曲、編曲、ミキシング、マスタリングなどのプロセスをサポートし、新たな音楽の創出を可能にしています。
ラップ・ボーカル

ラップを録音しました。音源の保存と管理方法について教えてください。

ラップを録音した後の音源の保存と管理には、いくつかのステップとベストプラクティスがあります。これらを適切に行うことで、音源を安全に保管し、必要なときに簡単にアクセスできるようになります。以下に、基本的な指針を示します。
ビートのマーケティング

ビートメイキング業界は飽和状態ですか?

はい、ビートメイキング業界は間違いなく飽和状態にあります。その理由は以下の通りです。
音楽日記

WavTool Pro版トライアル体験記: 大きな可能性を秘めつつ、改善が必要な点も

音楽制作の世界では、様々なデジタルオーディオワークステーション(DAW)が利用可能で、それぞれが独自の機能や特徴を持っています。ブラウザベースのDAWもその一つで、手軽にアクセスできることから人気を博しています。この記事では、その中でも注目...
スポンサーリンク