インスト

スポンサーリンク
AI音楽

AIが生成する音楽の台頭に、ビートメイカーはどのように適応できるでしょうか。

AIが生成する音楽の台頭は、ビートメイカーにとって機会と課題の両方をもたらします。以下は、ビートメイカーがこの変化する環境に適応するための方法です。 AIをツールとして活用する AIが生成する音楽を代替品と見なすのではなく、創造性を高めるた...
音楽日記

Ableton Liveのチューニングシステムに関するFAQ

Ableton Liveのチューニングシステムを使用すると、12平均律以外の音律で作業できます。チューニングは、ほとんどのLiveデバイスとMPE対応のプラグインで機能します。 Liveでは、ヘルプ > 内蔵レッスン > Liveの新機能 ...
音楽日記

Ableton Live 12においてチューニングシステムの使用について

デフォルトでは、Liveは12TETチューニングを使用します。これは、音程が1オクターブあたり12等分に均等に分割されることを意味します。しかし、音程を1オクターブまたは疑似オクターブ(異なる間隔を使用)に分布させる方法は数多くあり、チュー...
音楽日記

Ableton Live 12 ではTuning Systemが使えるようになったけれど、これはAbleton Live 12の中にあるインストゥメントしか使えないのか、それとも外部のVSTiも使えるのか?

ラップ・ボーカル

ラップの録音において、ミックスダウンのコツを教えて。

ラップの録音におけるミックスダウンのコツを紹介します。ミックスダウンは録音した音源を最終的な音楽作品に仕上げる過程であり、特にラップ音楽ではボーカルとビートのバランスが非常に重要です。以下にいくつかの基本的なコツを挙げます。
ビートメイキング

ラップビートを自作するにはどうすれば良い?

ラップビートを自作するには、いくつかの方法があります。
ラップ・ボーカル

ラップ界隈において、トラック提供とは?

ラップ界隈において、「トラック提供」とは、音楽プロデューサーやビートメイカーがラッパーやアーティストに対して楽曲のインストゥルメンタル部分、つまりビートやメロディーを提供することを指します。このプロセスは、アーティストが自身の歌詞やフローを...
ビートのマーケティング

ビートメイキング業界は飽和状態ですか?

はい、ビートメイキング業界は間違いなく飽和状態にあります。その理由は以下の通りです。
ビートメイキング

ヒップホップビートは全てラップ可能ですか?

いいえ、ヒップホップのビートは必ずしもラップ向けに作られているわけではありません。その理由は以下の通りです。
ビート販売サイト

ビートメイカーとして成功するために~ビートのリースを始めよう!

音楽ストリーミングプラットフォームの隆盛やインディーズアーティスト達の台頭により、高品質なビートやインストゥルメンタルの需要はかつてないほど高まっています。ビートメイカーであるあなたは、自分のビートを志のあるミュージシャンにリース(楽曲使用...
スポンサーリンク