プラグイン

スポンサーリンク
AI音楽

ビートメイカーがAIシステムと効果的にコラボレーションしてユニークなサウンドを作り出す方法

ビートメイカーがAIシステムと効果的にコラボレーションしてユニークなサウンドを作り出すためには、以下の戦略を活用することが重要です。 AIシステムの能力と限界を理解する AIアルゴリズムの強みと弱みを理解し、それを創造的なプロセスの補完とし...
ビートメイキング

ステムスプリッターとアーティファクトについて

ステムスプリッターは、楽曲のミックスからボーカル、ドラム、ベース、その他の楽器を分離するAIベースのツールです。これにより、リミックスやサンプリングに使用できる個別のステムトラックが得られます。しかし、分離プロセスは完璧ではなく、ステムにア...
ビートメイキング

ローファイヒップホップのビートを作ったんですが、あまりにもクリーンすぎる感じがします。どうすればローファイヒップホップらしいサウンドにできるでしょうか?

もちろん!ローファイヒップホップは、温かみのある、ファジーで、ノスタルジックな雰囲気が特徴ですよね。ビートにローファイヒップホップらしさを出すために、以下のテクニックを試してみて、ビートに汚れや個性を加えてみましょう。 テープヒスを加える:...
音楽日記

Ableton Liveのチューニングシステムに関するFAQ

Ableton Liveのチューニングシステムを使用すると、12平均律以外の音律で作業できます。チューニングは、ほとんどのLiveデバイスとMPE対応のプラグインで機能します。 Liveでは、ヘルプ > 内蔵レッスン > Liveの新機能 ...
音楽日記

Ableton Live 12においてチューニングシステムの使用について

デフォルトでは、Liveは12TETチューニングを使用します。これは、音程が1オクターブあたり12等分に均等に分割されることを意味します。しかし、音程を1オクターブまたは疑似オクターブ(異なる間隔を使用)に分布させる方法は数多くあり、チュー...
音楽日記

Ableton Live 12 ではTuning Systemが使えるようになったけれど、これはAbleton Live 12の中にあるインストゥメントしか使えないのか、それとも外部のVSTiも使えるのか?

ビート販売サイト

ビート販売サイトはBeatstarsで行うべきか、WordPressで行うべきか?

ビート販売サイトを立ち上げる場合、BeatstarsやWordPressといったプラットフォームを選択することは重要な決定です。両方のオプションにはそれぞれメリットとデメリットがあります。以下にそれぞれの特徴を比較してみましょう。
ラップ・ボーカル

ラップ録音のトラブルシューティング

ラップ録音を始めてみたものの、音割れやノイズ、音質の悪さに悩んでいる方も多いのではないでしょうか? ここでは、ラップ録音でよく発生するトラブルとその原因、対策について解説します。
ラップ・ボーカル

ビートがボーカルの邪魔をするときはどうすれば良い?

ビートがボーカルの邪魔をする場合、以下のような対策をとることができます。
ラップ・ボーカル

ラップ録音に合うオーディオインターフェイスを教えてください。

ラップ録音に適したオーディオインターフェイスを選ぶ際には、以下の要素を考慮すると良いでしょう。
スポンサーリンク