ラップ

スポンサーリンク
AI音楽

売れないビートメイカーが活躍する方法:生成AIを活用して音楽プロデューサーになる

音楽業界は日々進化し続けており、特にテクノロジーの進化がその変化を加速させています。ビートメイカーとしてのキャリアを築くことは容易ではありませんが、生成AIの登場により、新たな可能性が広がっています。この記事では、売れないビートメイカーが生...
ラップ・ボーカル

売れないラッパーが活躍する方法:生成AIを活用した独自の曲作り

音楽業界は常に進化し続けており、新しい技術が次々と登場しています。その中でも、生成AI(人工知能)は特に注目されています。生成AIを使えば、売れないラッパーでも独自の曲を作り、活躍の場を広げることが可能です。この記事では、SunoやUdio...
ラップ・ボーカル

ラッパーとして自分のフローを見つけるにはどうすれば良い?

ラッパーとして独自のフローを見つけるためのアドバイスをいくつかご紹介します。
ラップ・ボーカル

スウィングがかかったヒップホップビートはかっこいいのですが、ラップしにくいです。これってそういうものなんですか?

スウィングがかかったヒップホップビートは、ビートに独特のリズムやグルーヴを加えることで、聞いている人にとっては非常に魅力的に感じられるものです。スウィングリズムは、特定の音符間のタイミングをわずかにずらすことにより、ビートに「揺れ」や「弾み...
ラップ・ボーカル

ラップ録音において、息継ぎはミキシングで目立たないようにした方が良いのか、それともそのような処理はしない方が良いのか?

ラップ録音において、息継ぎの扱い方には一概に正解はないと思います。アーティストのスタイルや曲調、表現したい世界観によって判断すべきでしょう。
ビートメイキング

ヒップホップビートにおいて、ドラムの打ち込み方

本記事では、ヒップホップビートにおいてドラムを打ち込む方法について解説します。
ラップ・ボーカル

ラップの録り方:プロのような仕上がりを目指すための詳細ガイド

ラップの録音は、技術的な知識と創造性の組み合わせが必要です。ここでは、ラップの録音において特に重要な4つのトピックについて解説します:テイクの録り方、パンチイン・アウト、コンピング、ピッチ修正についてです。
ラップ・ボーカル

ラップ録音の極意:ミックス・マスタリングでスキルアップ!

ラップ録音は、自分の声を武器に表現力を発揮するクリエイティブな作業です。しかし、せっかく録った音声が埋もれてしまったり、音質が悪くて聞きづらかったりしては台無しです。そこで今回は、ラップ録音の応用として、ミックス・マスタリングの重要性と具体...
ラップ・ボーカル

ラップ録音のトラブルシューティング

ラップ録音を始めてみたものの、音割れやノイズ、音質の悪さに悩んでいる方も多いのではないでしょうか? ここでは、ラップ録音でよく発生するトラブルとその原因、対策について解説します。
ラップ・ボーカル

ラップ録音においてリバーブの使い方を教えて。

リバーブは、ラップ録音に奥行きと空間を与える重要なエフェクトです。適切に使用することで、ボーカルをより豊かに響かせ、トラック全体の雰囲気を劇的に変化させることができます。
スポンサーリンク