DTMにおいて、音が馴染まない時の対処法。

ビートメイキング

DTMにおいて、音が馴染まない場合は、以下のような対処法があります。

  1. EQを使用する EQ(イコライザー)を使用して、周波数を調整することで、異なる音源の周波数が衝突し、不快な音が発生することを防ぐことができます。不要な周波数をカットし、音源の周波数を微調整することで、音の質を改善することができます。
  2. コンプレッションを使用する コンプレッションは、音量を調整するためのエフェクトで、音のレベルを均一にすることができます。これにより、異なる音源の音量の違いが緩和され、より均一な音質を実現できます。
  3. パンニングを調整する パンニングは、音の左右の位置を調整することができるエフェクトです。異なる音源が同じ位置にあると、不快な音が発生することがあります。左右のバランスを調整することで、音源を区別しやすくし、混乱を防止することができます。
  4. レベルを調整する 音源のレベルを調整することで、異なる音源の音量を均一に調整することができます。これにより、音源が互いに競合しにくくなり、より調和の取れた音楽が作れるようになります。

以上の対処法を試してみて、自分が求める音質になるように調整してみてください。

アバター画像

1982年生まれ、ヒップホップやラップビートの制作、及びアーティストのプロデュースやコンサルティングをしているビートメイカー兼音楽プロデューサーです。音楽活動と個人ブログを介して、スモールビジネスのウェブ上でのマーケティング戦略を研究しています。インターナショナル育ちのため、英語が分かります。趣味は筋トレ、写真加工、WordPressカスタマイズ、K-Pop、web3、NFT。韓国が大好き。

Genx Beats [ゲンクスビーツ]をフォローする
ビートメイキング
スポンサーリンク