[モノラルミックスにする場合] フェイザー、フランジャー、コーラスなどの音の位相を変更するエフェクトを使用する場合の注意点

ビートメイキング

フェイザー、フランジャー、コーラスなどのエフェクトは、音の位相を変更することで空間的な効果を与えるエフェクトです。これらのエフェクトを使用する場合、モノラルミックスにする場合にはいくつかの注意点があります。

  1. エフェクトを適用する前に、モノラル化された音源にエフェクトを適用することをお勧めします。エフェクトがステレオである場合、モノラルにすることにより、空間的な情報が失われる可能性があります。
  2. モノラルにすることで、エフェクトによって生じる位相の違いが目立ちやすくなります。特に、フェイザーやフランジャーのようなエフェクトでは、左右のチャンネルの位相の違いが顕著になり、パノラマイメージに影響を与えることがあります。
  3. コーラスエフェクトを使用する場合、モノラル化された音源にエフェクトを適用することが望ましいです。これは、コーラスがステレオイメージを広げるためのエフェクトであり、モノラルにすることにより、エフェクトが効果を発揮しなくなる可能性があるためです。
  4. 最終的には、モノラル化された音源にエフェクトを適用する場合には、ミックスがどのように聴こえるかを常に確認することが重要です。特に、ステレオイメージに影響を与えるエフェクトを使用する場合には、ステレオミックスに比べてモノラルミックスがより平坦に聞こえることがあるため、適切なバランスを保つことが重要です。
アバター画像

1982年生まれ、ヒップホップやラップビートの制作、及びアーティストのプロデュースやコンサルティングをしているビートメイカー兼音楽プロデューサーです。音楽活動と個人ブログを介して、スモールビジネスのウェブ上でのマーケティング戦略を研究しています。インターナショナル育ちのため、英語が分かります。趣味は筋トレ、写真加工、WordPressカスタマイズ、K-Pop、web3、NFT。韓国が大好き。

Genx Beats [ゲンクスビーツ]をフォローする
ビートメイキング
スポンサーリンク