アートや音楽の作品にAIを使っているか言う人、隠す人、何が違う?

アートや音楽の作品にAIを使う際、それを公然と宣言する人、隠す人の違いは、以下の点に集約されるかと思います。

  1. 哲学的・倫理的態度:一部のクリエイターは、AIの使用を公然と宣言することで、技術と芸術の融合に対する新しい議論や認識を生み出そうとします。一方、隠す人は伝統的な技術やスキルに基づく手法の価値を保持しようとするか、観客の偏見を避けるためかもしれません。
  2. 市場の要求:アートや音楽の消費者は、AIが作品の製作に関与していると知ると、その作品を評価する基準が変わることがあります。公然とAIの使用を宣言することは、ユニークな売り点となることがありますが、逆に伝統的な手法を好む消費者を遠ざけるリスクもある。
  3. 技術の進化に対する態度:AIの進化をポジティブに受け止め、その可能性を最大限に活用しようとする人は、その使用をオープンにすることが多いです。逆に、AIの使用が「真の」クリエイティビティに影を落とすと感じる人は、その使用を隠すかもしれません。
  4. 作品のオーセンティシティ:一部のアーティストは、自分の手によるものとAIによるものの違いを明確にしたいと感じるかもしれません。そのため、AIの使用を明示したり、逆に隠したりすることで、作品の真正性やオリジナリティを強調することができます。

最終的には、アーティストの個人的な選択や価値観、目的によって、AIの使用を公然とするか隠すかが決まると思います。