[ラップ録音] オーディオインターフェイスにあるマイク入力とライン入力の違いは?

オーディオインターフェイスにおける「マイク入力」と「ライン入力」の違いは、主に信号レベルとインピーダンスに関係しています。それぞれの特徴を簡単に説明します。

マイク入力

  • 低レベル信号用: マイク入力は、マイクロフォンからの非常に低いレベルの信号を受け取るために設計されています。これらの信号は、通常、数十ミリボルト(mV)の範囲です。
  • 高インピーダンス: マイク入力は高いインピーダンスを持っており、マイクロフォンの信号をできるだけ少ない損失でキャプチャするように設計されています。
  • ファンタム電源: コンデンサーマイクなど、外部電源を必要とするマイクロフォンを使用する場合、マイク入力にはファンタム電源(通常48V)を供給する機能が備わっていることがあります。

ライン入力

  • 高レベル信号用: ライン入力は、キーボード、シンセサイザー、ミキサーなど、既にある程度増幅された信号を受け取るために設計されています。これらの信号は、通常、1ボルト(V)前後のレベルです。
  • 低インピーダンス: ラインレベルの信号は比較的高いレベルであるため、ライン入力のインピーダンスはマイク入力よりも低く設計されています。
  • ファンタム電源不要: ライン入力を使用する機器は通常、外部電源を必要としません。

簡単に言うと、マイク入力は非常に弱い信号を扱うためのもので、ライン入力はより強い信号を処理するためのものです。そのため、オーディオインターフェイスを使用する際には、接続する機器の種類に応じて適切な入力を選択することが重要です。