ラップ録音において、息継ぎはミキシングで目立たないようにした方が良いのか、それともそのような処理はしない方が良いのか?

ラップ録音において、息継ぎの扱い方には一概に正解はないと思います。アーティストのスタイルや曲調、表現したい世界観によって判断すべきでしょう。

息継ぎを目立たなくすることのメリットとしては:

  • 歌詞の流れがスムーズになり、リスナーの没入感が高まる
  • ラップのテクニックの高さを印象づけられる
  • 息継ぎが気になって曲への集中が乱れるのを防げる

一方、息継ぎを残すことのメリットとしては:

  • ラップがよりリアルで生々しい印象になる
  • アーティストの体温や情熱を感じられる
  • あえてラフさを残すことで、曲の世界観を表現できる
  • 息継ぎがリズムの一部となり、グルーヴ感を生む

究極的には、その曲にとって適切な表現方法を選ぶことが肝要です。息継ぎの扱いもその一部として、プロデューサーやエンジニアと相談しながら方向性を固めていくのが良いでしょう。画一的なルールにとらわれず、曲の個性を活かす息継ぎの使い方を模索してみてください。